Life Style

インフルエンザ症状2016!微熱の場合もある?最新

syringe-417786_1920

本日、東京では初雪が降りましたね。

今回の冬は暖冬でして、そのせいか、

インフルエンザも流行が後れています。

例年であれば12月上旬ですかね。

本日のニュースでは、1医療機関あたり

0.89人で、流行入りの目安となる

1人に迫って来ており間もなく流行入り

の発表がされるでしょう。

ワクチン接種を急いだ方が良いですね。

あと、手洗い&うがいも!

さて、2016年のインフルエンザ、

症状はどんなものでしょうか。

 

スポンサード・リンク

 

今年はB型?症状と、A型との違い


既にA型の報告はあがっているそうです

しかし、年明けからはB型が流行の傾向

があります。

A型とB型の違いは何?

まず、共通点ですが、

38度以上発熱。全身が怠い、気管支炎

咳、鼻水、喉痛、筋肉痛、悪寒、関節痛

こんな感じです。

思い出すだけでも嫌な感じですね(笑)

そして、B型特有の症状には

高熱が出ない場合があったり、

腹痛や下痢といった、消化器官に症状

が出る場合が多いようです。

人同士でしか感染しないという情報も。

他のは何から感染してるんだ?(笑)

ちなみに、C型もあるそうですが、

小さい子供の間で感染するらしく

危険性は低いそうです。

 

スポンサード・リンク

 

微熱の場合も。要注意


B型の場合は微熱で済んでしまう場合

があるそうですが、要注意です。

ただの風邪と見分けがつかなかったり

して、長引く可能性があります。

関節痛や筋肉痛がある場合、また、

鼻水が黄色や緑色の場合には必ず診察

を受ける事をおすすめします。

またまたちなみに、発熱はウイルスや

細菌を退治するために出るそうです。

むやみに解熱せずに、徐々に解熱する

方が望ましいと聞きました。

そして鼻水が色付きなのは、ウイルスの

死骸が混ざっているからだそうです。

気持ち悪いですね(笑)

ですが、これらも参考になります。

インフルエンザは悪化していくと、

気管支炎や肺炎、さらには脳炎や

心不全も引き起こすそうです。

怖いですね。

正しい『手洗い』と『うがい』

そしてワクチン接種が予防の基本です。

そして少しでも怪しいと思ったら

すぐに診察です。

みなさん、気を付けましょうね。

関連記事or広告

関連記事

  1. a0002_011588 こども食堂ネットワーク事務局について知りたい!場所やシステム、安…
  2. p_0007 お歳暮時期は関東と関西で違う!?お礼状の文面や時期についても知り…
  3. 7c8e42ef49363163d6cddebd338de33e_m 夏の暑さ対策!部屋の窓や車のシート・ ハンドル〜熱々はもう嫌だっ…
  4. a0006_002389 お盆帰省!義実家でのマナーや嫁が喜ぶ気遣い方、手土産の選び方を知…
  5. fa2882830d35a903251abade9302de97_s 夏休みの宿題代行!? 手伝う派の親の注意点や方法を考察する
  6. typewriter-801921_1920 100円ショップの上手な利用法!ダイソー セリア他 各社の特徴と…
  7. gardening-977938_1920 ガーデニングに夏の花!多年草が初心者向け。心に花を咲かせよう!!…
  8. pak75_kewashiibiz20140823111716_tp_v 携帯電話スマホのマナー!デキる男のスマホマナーを考えよう!!

新着記事

PAGE TOP