Health & Beauty

男顔日焼け対策!ランニングや車の運転時の方法や注意点!

sunblock-1461397_1920

また、暑い夏がやって来た。

毎年悩まされる日焼けの季節だ。

車の運転やランニング等のスポーツ、
最近流行りの自転車通勤、もちろん
海水浴などレジャーもそうだが、
男はうっかり日焼けしてしまう生き物
なのだろう。

一昔前までは、夏の日焼けは男の勲章
とされ、真っ黒な顔を見て、
それだけ外回りを頑張った証拠
であると、讃えられたものだ。

だが、時代は代わり、
男も美を意識する様になり、
男の日焼けした顔に対するる印象は、
ズボラ、幼稚、自己管理不足、等と
悪い印象に捉えられる事が増えた。

また日焼け後の痛み、痒み、脱皮など、
まるで良い事がないのも実状である。

それでも、男が念入りに日焼け対策を
施している姿は、あまり格好の良い
ものではないだろう。

今回はその辺りの矛盾も含めて、
探ってみたい。

 

スポンサード・リンク

 

男の日焼け対策!その顔を守れ!
ランニング等のスポーツ編


健康管理の為、
ランニングやジョギング、ウォーキング
と、一人で出来るスポーツに取り組む
人が増えている。

特に、30~40代の男性においては
生活習慣病のリスクとの戦いで、
休むこと無く頑張っている。

車の運転を控えて、
あえて徒歩や自転車運転を選んでいる。

ランニングは昔から早朝に行うイメージ
だが、現代のニホンは眠らない国。
夜勤の人などは、生活のパターンも
バラバラであり、日差しの弱い早朝に
ランニングするのは難しいだろう。

どうしても昼間になり、
それも最も日差しの強い14時前後に
顔を顰めながら走っている人も多い。

他にもゴルフ、サッカー、野球、等
休日にやる屋外スポーツもほとんどが
プレイも観戦も昼間になる。

日焼け対策には、ランニングに出掛ける
時に、日焼け止めのクリームなどを
顔や腕に塗る習慣を付けるしかない。

習慣付けのコツとしては、
玄関ドアに張り紙をしたり、
下駄箱に常備する事などが基本だろう。

これらの行動は自己管理の一部であり、
型の良い大人の男を目指すのならば、
是非、体得して欲しい。

 

スポンサード・リンク

 

男の日焼け対策!その顔を守れ!
自転車通勤&車の運転編


ランニング編で綴ってきたように、、
男の日焼け対策は、
一にも二にも、習慣づけが肝要となる。

車の運転での日焼け対策は、
日焼け止めクリーム等を車に常備すれば
必要に応じて顔や腕に塗り、
日焼け対策が出来る。

人目が気になるならば、
少し移動して人目を避ければ良い。

社用車が毎日変わるならば、
自分のバックに常備すれば済む事だ。

トイレに入って顔や腕に塗っている
という人もいる。

自転車通勤の場合も同じように
習慣づけを意識して、
自転車にポケットを取り付けるなどして
常備すれば良い。

100均に行けば、そのようなグッズが
色々と売られている。

ランニングにせよ車の運転にせよ
結局、自己管理としての習慣付けが
何よりの日焼け対策となるのだ。

因みに、男の日焼け止めの選び方は
汗や水分に強い事が絶対条件である。

個人的には、
ビオレやニベア等のUV乳液
を使用している。

コンパクトで安価で、コンビニで入手
出来る手軽さが、男性としては嬉しい。

男は、化粧品売り場などには、
誰もが行きづらいものだ。

男の日焼け対策は、
男の身嗜みの一つとして、
シェービングやムダ毛処理、歯磨き等と
同じように実施するべきであろう。

外出前の儀式として、
鏡の前で顔を見つめて
日焼け止めクリームを塗る。

その仕草が格好良いとされる日も、
そう遠くはないだろう。

関連記事or広告

関連記事

  1. hand-886418_1920 ムダ毛処理の男!その方法と女性の本音!脱コンプレックスで得られる…
  2. thoughts-551344_1920 パートの社会保険の加入条件が改正!金額や年収についての簡単説明!…
  3. a1150_000054 お盆の海の迷信!足の言い伝えはマジなのか?データ分析してやるっ!…
  4. p_0007 お歳暮時期は関東と関西で違う!?お礼状の文面や時期についても知り…
  5. cabbage-971673_1920 乳酸キャベツの作り方と失敗例!美味しく簡単なダイエット方法!
  6. about-1406856_1920 漢方とは?薬の飲み方から舌診と水分の関係やツボの事までわかりやす…
  7. 7c8e42ef49363163d6cddebd338de33e_m 夏の暑さ対策!部屋の窓や車のシート・ ハンドル〜熱々はもう嫌だっ…
  8. rain-354617_1920 梅雨2016の傾向!気象庁の見解と私たちの梅雨対応策

新着記事

PAGE TOP