Health & Beauty

男性更年期障害の症状と年齢!治療や市販薬について知りたい!

6ca50f3bbcfd1f7b95d5c74f6c5f6967_s

 

男性にも更年期障害があるのかと

思われる方がいらっしゃるかも

しれません。近頃では、

男性ホルモンのバランス変化で

現れる症状に治療などで対応する

ようになってきています。

 

「年齢だから。」と、

そのままにしている症状は、

男性の更年期障害によるものかも

しれません。

 

どんな症状が出るのか、

治療・市販薬がどうなっているのか、

見ていきましょう。

 

スポンサード・リンク

 

症状は3種類。症状に合った治療法で男性の更年期障害を改善


男性の更年期障害が現れる年齢は、

男性ホルモンの減少がみられる

40歳代や50歳代が多いのですが、

ストレスなど様々な要因で

30歳代という年齢でも

症状が出てくる男性が

中にはいらっしゃるのです。

 

しかも、更年期障害により

精神的な症状も見られることが

あります。働き盛りの年齢で

いらっしゃる皆さんは、

治療法や市販薬がどうなっているのか

という情報を是非知っておきたい

ところですよね。

 

更年期障害の症状はいくつかあり、

三種類に分けられれます。

体・心・性の症状です。

 

一つ目の体の症状は、

女性の更年期障害の症状に

似たものが並びます。

 

動悸やのぼせ、手足のしびれや

顔のほてり、発汗などです。

 

二つ目の心の症状は、

集中しにくくなる、無気力になる、

また、イライラや不安感、といった

ものまであります。

 

三つ目の性の症状は、

性力低下、勃起障害などです。

 

男性の更年期障害の治療法は、

男性ホルモンのバランス変化による

ものだからといって、

ホルモンを投与するだけという

単純なものでもないようです。

 

例えば、心の症状に対応する治療薬を

服用したり、

性の症状に対応していくことも

あるようです。

 

性の症状への対応は、いわゆるED

の治療と同じです。

なんとこれで更年期障害の症状に

効くことがあるそうです。

 

症状に心当たりのある方は、

適した治療を受けるためにも

専門の外来を受診したいですね。

 

その自覚症状、原因が分かれば市販薬に頼っていい?


働き盛りの年齢の男性に現れる

更年期障害。

原因が男性ホルモンの低下と

分かっているなら、

忙しい皆さんは、

通院での治療のように時間をかけずに

市販薬などで何とかしたい、

と思いますよね。

 

それが、そうはいかないので

注意しましょう。

 

例えば、男性ホルモンなどは、

副作用に注意が必要です。

また、市販薬として出回っている

ものの中には、安全性が

確認できていないこともあります。

安易に手を出さないように

しましょう。

 

また、男性ホルモンの

テストステロンは、

スポーツ選手のドーピングに使われ、

多くの選手に副作用が出て問題に

なってきたことからも、

よく分からない市販薬に手を

伸ばすというような

手軽に済ませていいものではない

ことを覚えておきましょう。

 

さらに、EDの薬にしても、

個人輸入などで被害に遭うことも

あります。

 

治療薬だけでなく、自覚症状を

自分で判断することにも

注意が必要です。

 

なぜなら、更年期障害の一部の症状は

甲状腺ホルモンの異常によるものと

似ていることがあるからです。

 

また、「朝立ち」が

なくなるのを年齢のせいにしがち

なのですが、これは男性更年期障害

だけでなく、糖尿病などの病気が

疑われることもあります。

自覚症状は放っておかずに

早目にきちんと治療で対応します。

 

安易に市販薬に手を伸ばさず、

自分の症状にきちんと向き合う時間を

確保してくださいね。

 

スポンサード・リンク

 

年齢のせいにしない!自分でできる男性の更年期障害への予防と対策


男性は、女性ほど分かりやすく

ホルモンバランスが変わる時期が

ありません。

しかし、テストステロンが

減少しないように

日々気を付けることで

その症状を小さくできます。

 

まず一つ目は、病気をしない事。

何かしらの持病があって

治療を受けてる人は、

テストステロン値が低くなりやすい

ようです。

 

二つ目は、自分の体の筋肉量を

増やすことです。

筋肉量の低下は男性ホルモンの

分泌低下を招くとのことです。

 

年齢を重ねても健康でいるために

運動など日常生活に

取り入れたいですね。

 

三つめは、ビタミンやミネラルを含む

バランスのいい食事です。

 

男性ホルモンの分泌を促すとされる

亜鉛は、カキ、レバー、牛肉などに

多く含まれます。

EDにはミネラルの摂取が効果的と

されていますが、中でも有効と

されているのがマグネシウムです。

大豆やゴマやアーモンド、

ヒジキなどの海藻類が多く

含んでいます。

 

また、山芋、納豆などにはホルモンを

活性化させる成分が含まれており、

こちらも積極的に摂取しましょう。

 

最後に、ストレスは男性ホルモンを

減少させる大きな要因になります。

お仕事が忙しく疲れを溜めがちな

生活をこの機会に

見直してみましょう。

Mee

スポンサード・リンク
関連記事or広告

関連記事

  1. c3ce0f97d6cd61280455c26e378e8670_s 熱中症予防と建設業の対策!食べ物や飲み物やおやつで栄養補給!
  2. a0002_011301 納豆の効果的な食べ方は夜納豆!?毎日の適量と食べ過ぎのリスクとは…
  3. ed82b5c0267b5194ea6aee934a8dafec_s デルタパワーとは?脳波や睡眠の質から血糖値にまで効果あり!?わか…
  4. work-1627703_1920 ワーカホリックとは?原因と治療など わかりやすく説明!【香川照之…
  5. fruit-15408_1920 クエン酸の効果!肌、髪、癌治療??デタラメ情報にご注意!!
  6. 0f10090f2788d3da867fd274a5860a44_s 子どもの夏風邪の原因と症状別の食事への配慮について知りたい。
  7. 2a376dda597a065e629ffb1e9e16440d_s 村山聖の映画と羽生善治や森信雄との ガチンコ!死因はネフローゼ症…
  8. aae2c439a05ebe4ce476ec5fbc62f291_s 健康格差?日本の問題点と事例から庶民の対応を考えよう!
PAGE TOP