Show Business

さんまのまんま最終回ゲストは森昌子!打ち切り理由はホント!?

town-sign-1158387_1920

明石家さんまの代名詞とも言える
長寿番組、”さんまのまんま”が
最終回を迎えた。

ゲストは森昌子。

惜しまれながら最終回を迎えた
さんまのまんまと、打ち切り理由等も
考察してみたいと思う。

 

スポンサード・リンク

 

さんまのまんま最終回ゲストは森昌子


ネット上などで、様々な予想がされた
さんまのまんま最終回ゲストは、
以外にも森昌子であった。

森昌子と明石家さんまは旧知の仲
という事であり、テレビのコチラ側
からは、分からない事もたくさんあると
感じた最終回ゲストのチョイスだった。

そして、その
様々なゲスト予想も面白いものだった。

大竹しのぶとイマルや、お笑いBIG3
などなど、ゲスト予想というよりも、
視聴者の要望であった感もある。

しかし、最後に”まんま”の着ぐるみの
中からビートたけしが出て来るという
ゲスト予想には、
思わず笑ってしまった。

”さんまのまんま”は
今後もスペシャル番組として続行する
方針もあり、いつもどおりの番組進行と
終わり方であった。

特別な事をして大袈裟にしたくない
という、明石家さんまの謙虚さが
現れていたというのが、
筆者の個人的な感想だった。

森昌子のトークは、”ダウンタウンなう”
の”本音ではしご酒”で初めて
知ったのだが、実に軽快で豪快で
芸人も顔負けなものであった。

”さんまのまんま”最終回でも、
それは健在であった。

 

スポンサード・リンク

 

さんまのまんま打ち切り理由はホント!?


明石家さんまから発言があった
”さんまのまんま”の打ち切り理由は
本当にそれだけなのだろうか?

”さんまのまんま”においても同様で、
明石家さんまのギャラが高い事が、
打ち切り理由の根本であるというのが
発表された理由であった。

さんまのまんまの
制作費の捻出が困難な中、
明石家さんま自身は、低額なギャラでも
ノーギャラでも良いから続けたいという
思いがあったが、それを実行すると、
格下の後輩たちのギャラまで値崩れを
起こすというものだ。

なるほど、と合点の行く說明だった。

しかし、さんまのまんまの
打ち切り理由は他にもあるのでは?と
筆者は勝手な想像している。

一時期の引退疑惑の騒動の折に、
吉本興業の台所事情で、島田紳助の
復帰に絡む条件云々という話があったが
それは、どうなったのか?

今更、あの島田紳助に戻る意思が
あるとは思えず、明石家さんまの
引退計画は白紙に戻ったのだろう。

そうなれば、背負っている責任を、
降ろせるものから、
一つづつ降ろして行くという、
芸能界からの終活に入っているのでは
ないかという気がしてならない。

もっと頑張って欲しい。
もっと楽しませて欲しい。
いつまでもテレビの中に居て欲しい。

と思うのは、視聴者側のエゴなのでは?
と感じ始めた。

ファンから懇願されれば、
明石家さんまのサービス精神からすると
命の尽きるまで頑張りかねないような
気がするのだ。

お笑い怪獣と呼ばれる明石家さんまも
実際は生身の人間である。

還暦を超え、
61歳になった明石家さんまには、
今後の我々の要望を訴え続けるよりも、
今までたくさん楽しませてくれて
ありがとうと、感謝の気持ちで、
残りの人生を、本人の好きなように
生きて頂きたいと筆者は感じてしまう。

そのための芸能界からの終活であれば、
ファンであれば誰でも、見守る事が
出来るだろう。

スポンサード・リンク
関連記事or広告

関連記事

  1. glass-1662474_1280 本田武史は家電マニア!デキ婚の嫁は嫁いらず家電で幸せ!?フィギュ…
  2. pregnant-214522_1280 杏が双子妊娠!性別と不妊治療と突撃取材が気になる
  3. woman-1281830_1920 水戸泉は嫁が原因で部屋崩壊!?嫁の小野友葵子の評判と水戸泉の過去…
  4. boxing-gloves-2005912_640 山中慎介タオルに涙で引退は?ファイトマネー総額と強さの秘密!
  5. elly134103659_tp_v 浅丘ルリ子の若い頃が超美人!現在は大河の化粧が話題になっている超…
  6. 4d19e7658101f0fb839251645862412f_s カープ女子!ファン急増のきっかけはナンダ?そのメカニズムと熱狂に…
  7. old-couple-2313286_640 田原総一朗 老害の恋!再婚相手はW不倫略奪愛だって!?ちょっと感…
  8. 7b69661ee981c12d68063cc9405f5ade_s 芳根京子の難病ギラン・バレーと後遺症!足が動かず中学時は入院して…

新着記事

PAGE TOP