Event

ボジョレーヌーボーの意味とは?賞味期限や作り方など基本知識を学びたい!

wine-624307_1920

ボジョレーヌーボーとは
口当たりの良い季節限定の
赤ワインです。

解禁日が待ちどおしいですね。

ボジョレーヌーボーの意味と
賞味期限はどれほどなのか?

それから、ボジョレーヌーボーの
作り方についてなど、
基本知識をチェックしましょう。

 

スポンサード・リンク

 

ボジョレーヌーボーの意味とは?


まずは、
ボジョレーヌーボーの意味から。

ボジョレーヌーボーとはフランスの
ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で
作られる新酒の赤ワインのことです。

ヌーボーとは、フランス語で
「こと新しい」、あるいは
「新鮮」という意味です。

したがって、
ボジョレーという地区の名前と
ヌーボーという新鮮という意味から
ボジョレーヌーボーという名前が
この赤ワインに付けられています。

ボジョレーヌーボーはフランスが
発祥ですね。

 

ボジョレーヌーボーの賞味期限


ボジョレーヌーボーの賞味期限ですが
一般の赤ワインに比べると
かなり短いです。

清々しいブドウジュースのような
味のするボジョレーヌーボーは
「ヌーボー」が意味するように
風味が新鮮なうちに
飲みきるのが最良です。

ボジョレーヌーボーは解禁日が
毎年11月の第3木曜日ですが
年内に飲みきるのが望ましいです。

解禁されてから美味しく飲む
頃合いが、短いですよね。

日本で言うところの、
「旬のもの」という事になります。

ボジョレーヌーボーは
美味しく飲める賞味期限は
2〜3ヶ月までが限界と
言われています。

18度以下の温度の状態を
保てば春まで持つとも
言われていますが上品な味わいは
確実に落ちるようです。

ボジョレーヌーボーは
何年も寝かせると年代物の
リッチなワインになるのではと
思っている方もいます。

ところが、成熟して飲み頃まで待つ
高級赤ワインと新鮮な
搾りたてのブドウの味わいを
楽しむボジョレーヌーボーは
全く逆の、別物です。

時が過ぎると味が落ちるのが
ボジョレーヌーボーです。

なぜボジョレーヌーボーとは
美味しく飲める賞味期限が
あるのでしょうか?

後ほど解説致しますね。

 

ボジョレーヌーボーの作り方


ボジョレーヌーボーとは独自の
作り方で作られています。

ボジョレーヌーボーの原料のブドウは
「ガメイ種」という品種で
ボジョレー地区で栽培されています。

世の中で栽培されているガメイ種は
60%がボジョレー地区のものです。

ボジョレー地区=ブドウのガメイ種
という感じですね。

このガメイ種のブドウは
短い熟成期間に飲むワインに
適していて一般のワイン作りには
向いていない品種なのです。

製造テクニックも、一般の赤ワインとは
違って炭酸侵漬法という特殊な
作り方です。

炭酸侵漬法とは聞いた事が
ないですね。

収穫したブドウを砕かないで
そのままタンクで貯蔵、発酵させて
短い期間の間にワインとして
作り上げるボジョレーヌーボー独自の
作り方です。

それにより、上品な味わいも
一般の赤ワインと大きく
異なってきます。

美味しい理由は
作り方にあったのですね。

 

スポンサード・リンク

 

ボジョレーヌーボーの基礎知識


続いて、
ボジョレーヌーボーについて
知っておきたい基礎知識を。

ボジョレーヌーボーとは
1800年代から定期的に
飲めるワインとして
ボジョレー周辺の住民を中心に
楽しまれていました。

1951年にフランス政府によって
11月15日を解禁日として
発売が認められました。

その後、パリのレストランを中心に
大流行となりました。

流行る勢いは早かったようです。

当初、解禁日は
11月15日でしたが、土日にあたると
ワイン運搬業社が休業になるため
1985年から11月の第3木曜日に
修正されました。

平日の方が出荷しやすいですね。

フランスには
「ワイン法」というものがあり、
ボジョレーと名乗って良いものは
赤ワインならガメイ種100%と
厳しく決まっています。

ワインの規定は
フランスでは厳しいようです。

因みに、
ボジョレーヌーボーには
白ワインは存在しません。

ヌーボー以外のボジョレーワインには
シャルドネから作られた白ワインも
存在しています。

もしもヌーボーの白を
広告等でみかけたなら、それは、
ボジョレー以外のヌーボー
という事でしょう。

ボジョレーヌーボーの飲み方は
軽く冷やしてから飲むのが
正しいと言われています。

ボジョレーヌーボーは
渋みが出ないように独自の醸造法で
作られているので
軽く冷やした方が美味しいです。

ボジョレーヌーボーは
薄暗くて涼しいところに
保存しましょう。

ワインという飲み物は
日光に弱いです。

酸化しないように日光が当たらない
場所で保存する事は必須です。

ボジョレーヌーボーとは
「季節限定の赤ワイン」と考えて
売り出された頃に
美味しく飲んで満喫しましょう。

 

まとめ


賞味期限の短いガメイ種のブドウの
赤ワインは、飲みやすくて
果実の味がふんだんで
ワインを余り飲まない方にも
楽しむ事が出来ます。

ボジョレーヌーボーは
アルコール度が12.5度と
驚きの高さなので、
美味しくて飲み易いからといって、
飲みすぎには用心して下さいね。

YUMI

スポンサード・リンク



関連記事

  1. 4f81a3b1ac1f7ae3c37d0b8412ee8b17_s ペルセウス座流星群 2016☆場所・方角・時間をチェックして男の…
  2. television-899265_1920 FNS27時間テレビ2016発表内容に SMAP!司会のウッチャ…
  3. 5a0a2fe201b4a60cffa6b4fa1f340832_s 伊勢神宮に初詣2017年!混雑予想の時間帯とアクセスをチェック!…
  4. keith-richards-71853_1920 フジロック2016!出演者にシールズ<SEALDs>政治の持ち込…
  5. santa-claus-579113_1920 サンタクロースを信じる子供への説明!手紙の書き方で夢を育もう!
  6. c845_meijijinguunotorii_tp_v 明治神宮に初詣2017年!混雑予想の時間帯とアクセスをチェック!…
  7. a0005_000258 東京初詣2017年!混雑予想ランキング~時間帯をチェック!!
  8. milky-way-1023340_1920 七夕飾りの作り方は簡単で良い!子ども心に立ち還る浴衣男の嗜みとは…

新着記事

PAGE TOP