Health & Beauty

インフルエンザ2016症状の特徴!予防接種ワクチンについて!

thermometer-833085_1920

今年も寒い冬に突入し、同時に、
毎年心配されるインフルエンザの事が
気になりますよね!

2016年のインフルエンザの特徴や症状は
どのようなものなのでしょうか?

参考になりそうな、
予防接種のワクチンの状況について
調べたものをまとめてみました。


本記事は病気・医療関係のブログです。

参考文献は以下の通りです。

・東京都感染症情報センター
・厚生労働省
・国立感染症研究所

※ 筆者は医療関係者ではありません。

【警告】症状や対策については体質や
状況によって様々なので安易にネット上
の情報を鵜呑みにしないように
しましょう。

 

スポンサード・リンク

 

2016年インフルエンザの特徴と症状について


2016年インフルエンザの特徴と症状
ですが、国立感染症研究所によると、
2016年11月28日~12月4日の段階で
A型インフルエンザの「AH3(A香港型)」が最も多いです。

2016年12月10日の現段階では全国的
に注意報、警報は出ていません。

国立感染症研究所によると
「AH3(A香港型)」は40年以上昔から
途絶えずに存在するインフルエンザで、
一般的なもののようです。

特徴として発症しやすいのは5歳未満の
子供が発症しやすいようです。

とはいえ、東京都感染症情報センターの
報告によると、検出者の大半が小学校と
いうこともあり、比較的低年齢で、集団
生活の環境下にいる人達は注意が必要
です。

集団感染しやすいのが特徴ですが、
インフルエンザの予防接種を受けること
で感染を予防でき、重症化を防ぐことが
できると言われています。

ただし持病がある人のなかには、
インフルエンザに感染すると重症化する
リスクが高いと判断される場合がある
ようです。

予防接種やワクチンについては次項で
ご紹介します。

一般的な症状や潜伏期間としては、
1~3日の潜伏期間があり、38度以上の
高熱や咳や鼻水の他に頭痛、筋肉痛、
関節痛等も感じます。

免疫力によっては重症化すると肺炎や
脳炎になる場合があります。

 

スポンサード・リンク

 

予防接種とワクチン、その他予防策


ここでは予防接種とワクチンや、
それ以外の予防策についてご紹介します。

前項でご紹介しましたが、2016年9月
以降で検出されているインフルエンザは
A型~C型まであるうち、A型のみで、
全体の87.5%が「AH3(A香港型)」、
12.5%が「AH1dpm09」ですが、
これらは予防接種のワクチンに含まれて
います。

A型インフルエンザは
季節性インフルエンザに分類されますが、
これのワクチン接種は例年10月頃から
開始しています。

インフルエンザワクチンの目的は免疫力
をつけて死亡者や重傷者の発生を減らす
ことですから、早めの接種により、
感染時の重症化リスクを低減しましょう。

とても基本的なことですが手洗いうがい、
バランスの良い食生活、ストレス発散法
の習得が予防策です。

インフルエンザの感染経路は主に3つ
です。

飛沫感染
咳やくしゃみで空気中に浮遊した
ウイルスの飛沫による感染

接触感染
手に付着したウイルスが鼻や口に触れる
ことで感染

空気感染
飛沫感染に似ていますが、飛沫の水分が
蒸発して軽くなった後、長期間空気中に
滞在している際に感染

基本的にはマスクで口や鼻を覆うことで
意識的に感染防止できますが、
接触感染(手)に関しては無意識なもの
があります。

東京都健康安全研究センターでは、
手洗いの仕方について写真付きで解説
していますが、誰もが見たことがあると
思います。

汚れが残りやすいのは指先、指の間、
親指の周り、手首、手のシワだと
言われています。

ここまで言うと、ほとんどじゃないか、
と思いますが、
先ほど示した3つの感染経路のうち、
接触感染を極力減らせるのであれば
とても簡単なことでしょう。

病院に通院したり仕事を休んで
苦しんだりすることに比べれば実践
しやすく効果もある予防策です。

あとはストレス発散が結構大事だと
思います。

ストレスは血流の流れを悪化させたり、
結果的に身体の免疫力を低下させると
聞いたことがあります。

筆者はアトピー持ちですが、
アトピーもまたストレスの影響を
受けると言われています。

身体の健康とストレスは密接に
関わってくるので、自分なりの
ストレス発散方法(リラックス方法)を
身に着けておくことは、
インフルエンザも含めて、
病気の予防策として
考慮した方が良いと思います。

そしてバランスの良い食事をすることで
幸せを感じることがよくあります。

予防接種はもちろん、手洗いうがい、
ストレス発散(リラクゼーション)、
バランスの良い食生活は、
身体の免疫力を高く維持する上で
大切だと思います。

 

まとめ


いかがでしょうか。

2016年インフルエンザの症状や
予防策についてご紹介しました。

発症して重症化すると命に関わり
辛い思いを経験しますが、
予防策は意外とシンプルです。

SAT

スポンサード・リンク
関連記事or広告

関連記事

  1. sunblock-1461397_1920 男顔日焼け対策!ランニングや車の運転時の方法や注意点!
  2. 37f343f6d027d50f1ffa3d01be8df3cc_s 水分補給に適した飲み物は何?おすすめ飲み物!お茶やコーヒーはダメ…
  3. heart-214014_640 血圧サージが危ないとは?【医療進化】危険度チェックと予防&対策!…
  4. heart-1357923_1920 強い心臓を運動で作る方法と意味!医師の診断と連携が必要!【心筋梗…
  5. a0002_011301 納豆の効果的な食べ方は夜納豆!?毎日の適量と食べ過ぎのリスクとは…
  6. fitness-1499785_1920 マイナスカロリーダイエットの効果と嘘情報!食べるだけで痩せるは嘘…
  7. 60d335a05e2b5bf6427897205a497ec1_s 島田洋七の愛弟子の女性は乳がんから末期ガンで余命宣告!爆報!TH…
  8. lemon-1024641_1920 クエン酸効果!スポーツの疲労回復からトイレ掃除まで使える万能なヤ…

新着記事

PAGE TOP