News

トランプ大統領!大統領令の内容と世論調査まとめ!

8d3cc9e9ea2aeb7389201d0aff970ae5_s

大統領令とは、大統領が軍を含む
連邦政府機関に対して発する命令
のことです。

大統領令は、議会が成立させる
法律と同等の効力を持っています。

また、法律のように成立まで時間が
かからないので、発令してすぐに
政策を実行できる便利な手段といえます

歴代の大統領令と比べても、
トランプ大統領の大統領令の乱発は
異例とされています。

今回は、トランプ大統領の
大統領令内容と世論調査について
まとめていきます。

 

スポンサード・リンク

 

トランプ大統領・大統領令の内容


トランプ大統領の大統領令の内容を
受けて、世論調査が発表されています。

トランプ大統領がこの世論調査を
偽のニュースであると、決め付けたと
して、話題になっています。

大統領令の内容からまとめていきたいと
思います。

世論調査については後半でまとめます。

新規規制の導入の凍結

2つの古い規制の撤廃をしなければ
新しい1つの規制を作れない
大統領令です。

これは義務として扱われます。

オバマケアの経済的負担軽減

オバマケア(医療保険制度改革法)の
内の、お金がかかるものの実施を、
先送りや修正する内容です。

TPPからの離脱

TPP(環太平洋経済連携協定)
からの離脱。

連邦政府機関の新規雇用の凍結

連邦政府職員が劇的に拡大したため
対抗策として発令されています。

軍などの治安維持関係者は対象外とされ、
新しい役職をもうけたり、新規の雇用
などを凍結するものです。

人工妊娠中絶に携わる海外のNGO(民間団体)への連邦資金の援助の禁止

レーガン大統領の時にこの連邦資金援助が
はじまりました。

その後、クリントン大統領が廃止し、
ブッシュ大統領が復活させました。

オバマ前大統領が再び廃止して
いましたが、トランプ大統領が
再度復活させました。

女性の選ぶ権利として中絶に
賛成する人と、その他の理由で
中絶に反対する人がいることが、
この廃止と復活の繰り返しの原因と
見られています。

製造業関係の法規制の簡素化

政府からの国内製造業に対する
各種承認や規制のための手続きを
簡素化する大統領令。

どの国でも、手続きが複雑で
時間がかかるのは同じなのですね。

この大統領令は支持率が高いようで、
国民から受け入れられています。

ダコタ・パイプラインの建設を承認

オバマ大統領が地球温暖化の原因として
却下していたパイプラインの建設を
トランプ大統領が承認しました。

カナダからメキシコ湾に原油を運ぶ
ためのパイプラインなどが
対象です。

キーストーンXLパイプラインの承認

上記の承認と同じ。

パイプラインには米国製の資材を使用する

アメリカ国内で建設される
パイプラインの建設には、
アメリカ国内製の鉄鋼製品を使用する
ことが必要だ、とされる大統領令です

インフラ整備の迅速化

優先順位の高いインフラ整備に
関わる環境影響調査を迅速に進める
ことを目的とした大統領令です。

メキシコ国境に壁を建設計画

メキシコ国境にグレートウォールを
建設する動きです。

メキシコに費用を支払ってもらうと
言っていましたが、メキシコ側は
支払うつもりはないようで、
トランプ大統領は、メキシコへ20%の
関税をかけることで建設費を
捻出をしようとしています。

不法入国者を国外退去

犯罪歴のある不法入国者を
国外退去させるための大統領令で、
内容には、入国管理の人事などが
あります。

シリア難民受け入れ凍結

難民の受け入れを120日間凍結、
シリア難民の受け入れの停止。

無期限で停止されます。

米軍再建

軍備の強化です。

IS壊滅計画作成の大統領令

上記の軍備強化はこのIS壊滅を
目的として大統領令として
発令されているようです。

 

スポンサード・リンク

 

世論調査まとめ


アメリカのギャラップ社は、
トランプ米大統領が出した大統領令の
賛否を問う世論調査の結果をまとめ
ました。

移民や難民の入国禁止についてと、
メキシコ国境に設ける壁の建設について
そのどちらの内容とも反対が
過半数でした。

しかし、ロイター通信によって
行われたトランプ大統領の出した
大統領令への世論調査のまとめ
では、賛成が反対を上回っています。

ロイター通信の入国禁止についての
世論調査では、
賛成、反対、わからない、の
3つの選択肢があり、
「わからない」が10%で
賛成も反対も50%を上回ることは
ありませんでした。

ハフィントンポストUS版と
世論調査会社「YouGov」が実施した
世論調査では、入国禁止について、
賛成が48%、反対が44%でした。

ギャラップ社

「シリア難民の無期限受け入れ停止」
の大統領令については、
賛成が36%で、反対が58%でした。

支持する党によって影響がある
ようです。

共和党を支持する人では、71%が賛成
民主党の支持者では、賛成が10%でした

「中東・アフリカ7カ国からの
一時入国禁止」については、
賛成-42%
反対-55%

その中でも、
共和党支持・賛成-83%
民主党支持・賛成-14%

支持する党によって、差が顕著に
なっています。

ハフィントンポストとYouGov

イスラム主流国7カ国の人々の入国を
90日間禁じる大統領令に対しての
世論調査では、
賛成-48%
反対-44%

共和党支持・賛成-95%
民主党支持・賛成-12%

ロイター通信

ロイター通信による、入国禁止に
ついての世論調査は、
全部で3問の質問があります。

・大統領令に賛成か反対か

賛成-49%
反対-41%
わからない-10%

共和党支持・賛成-82%
民主党支持・賛成-23%

・大統領令によってより安全に
なったと感じるか否か

より安全-31%
より安全でない-26%
わからない-43%

共和党支持・より安全-58%
民主党支持・より安全-10%

・大統領令は対テロリズムの
方法として良い見本か悪い見本か

良い見本-38%
悪い見本-41%
わからない-22%

共和党支持・良い見本-68%
民主党支持・良い見本-14%

でした。

トランプ派とクリントン派で
意見が分かれているのが
分かります。

それぞれの世論調査の結果は、
比較が難しいですが、
マスメディアや情報が必ずしも
正しいものではない、ということは
私たちでも知っています。

大統領選での情報操作もささやかれて
いますし、トランプ大統領の
「偽ニュース発言」も簡単に
批判できるものではないかもしれません

しかし、トランプ政権が
「急ぎすぎている」と感じている人は
47%、というデータもあります。

オバマ前大統領の時は、22%でしたので
25%も上回っています。

あまり急ぐと国民の不安を生む可能性も
ありますが、それほどに現状が
切迫している、とも思えます。

大統領令は、大統領拒否権と同じくらい
強力なものです。

その力でアメリカをどう導いていくのか
トランプ大統領の手腕、日本や世界への
影響など、今後も注目せざるを
えませんね。

アメリカが世界へ及ぼす影響は
決して小さいものではありません。

日本でも、影響を受けることが
あるでしょうから、対策や今後の
方針を慎重に決めるべきでしょう。

sakura


<参考>
newsweekjapan.jp/stories/world/2017/02/post-6869.php
huffingtonpost.jp/2017/02/04/trump_n_14622516.html
hirokimochizuki.hatenablog.com/entry/reuter.poll
asahi.com/articles/ASK2334BJK23UHBI00N.html
outward-matrix.com/entry/2017/01/27/070000
kisha-poppou.com/d-trump-presidential-decree/#i-2

スポンサード・リンク
関連記事or広告

関連記事

  1. b05b9d0046a36a11dcae20ceda1c0664_s 朴槿恵 逮捕の理由をわかりやすく説明!死刑の可能性もあるの?韓国…
  2. 1eb967bf85e4db41fd6b8fef5a2a4d80_s プラスチック米とは!?中国の発想力が奇想天外!!わかりやすく説明…
  3. cards-1030852_1920 IRカジノ法案とは?日本人の美徳がヤバイよこのままじゃ!
  4. president-1822449_1920 沖縄基地反対運動の実態!日当を参加者に払ってるって本当か!?
  5. 516b05bfe8a15ba910310690e67bc23d_s 最強の日米同盟!トランプ政権による今後と海外の反応は?
  6. disc-golf-1563853_1920 ディスクゴルフのルールとコース【主に関東圏】用具の販売ショップは…
  7. pregnant-971982_1920 有吉弘行!でき婚ガセか?彼女の夏目三久と結婚はあるか?
  8. lid-228366_1920 サムスン副会長逮捕の理由と影響は?韓国の反応を見てみる!

新着記事

PAGE TOP