芸能

松居一代のおかしい言動はいつから?船越英一郎と離婚!同様の体験から考察!

divorce-908743_640

松居一代の動画等でのおかしい言動が
話題になっているが、いつから、
この様な事になったのか???

船越英一郎と離婚する事が確定し、
松居一代は、もうテレビにはもう出ない
とも発言している。

今回は、同様の体験を元に、
この事案を考察してみたい。

(敬称略)

 

スポンサード・リンク

 

松居一代のおかしい言動はいつから?


松居一代のおかしい言動は、一体、
いつから始まったのだろうか?

夫・船越英一郎が離婚調停を進める中、
snsで船越英一郎のプライバシーを晒し
恨みを晴らすといった言動には、
批判の声も多い。

一方で、松居一代のおかしい言動には
気を病んでいるのではないか?とも
見ることが出来、同情の余地もある。

いつから?の問に関しては、
以前からであろうという答えが、
最もしっくり来る。

松居一代のおかしい言動はブログや
snsで公表を始めてから、
世に知られたが、夫婦間では、
絶えずこの様なやりとりが
行われていたと推察出来る。

船越英一郎が家を出たため、
彼にぶつけるはずの、おかしい言動や
感情を、いつからか持て余し
snsで、世間に訴えたのだろう
という見解が出来、ついでに、
船越英一郎のプライバシーを晒し、
ボロボロになるまで、
一緒に傷ついて欲しいという、
怨念じみた感情も感じられる。

松居一代が晒している
船越英一郎のプライバシー情報は、

  • 不倫をしている。
  • 不倫相手はハワイ在住の子持ちの
    既婚者で松居一代の友人である。
  • 重度の糖尿病を患っている。
  • バイアグラを使用している。

といったような内容で、
それ以前にも、ブログにて
1年5ヶ月もの間、尾行されているとし、
恐怖のノートや手紙の存在や、
週刊文春に騙されたという訴えなど、
動画内で明かしているが、
信憑性については、疑問の声も多い。

松居一代は生来まじめな性格であり、
自分の信じた事象以外の展開には
納得出来ない部分があるのではないか?
と、筆者は感じている。

その根拠は、筆者の体験である。

筆者は一般人であり、
松居一代と船越英一郎のように
メディアに取り挙げられはしないが
過去に同じような経験をしている。

他人事ではない展開に同情し、
だからこそ今回の記事を書こうと思った
次第であり、そして、
同様の経験をされた方は他にも
大勢存在するのではないだろうか。

逆に、体験のない方には、
理解する事が難しいのかも知れない。

病気だと言って切り捨てるのは
あまりに短絡的過ぎる。

松居一代には、
自分の居場所を確保する事に必至になる
部分もあり、それまで自分の居場所
であったはずの船越英一郎の妻という
肩書きが無くなるという事態に、
必死で応戦している?
とも考えられないだろうか。

いつからか始まった
あの怨念じみた動画での
おかしい言動も、
船越英一郎に対する最後の愛情表現だ
とも推察出来る。

 

スポンサード・リンク

 

◆松居一代と船越英一郎の離婚


旦那が浮気をしているのでは?
仕事?付き合い?接待?
全てが怪しく感じ、些細なことから
妄想は脳内で現実として
間違った認識をされてしまう。

離婚はしたくないが、しばしば
不安な感情を相手にぶつけてしまい、
これでは嫌われて離婚になるのでは?
と、更に不安になる。

孤独な悪循環を繰り返していると
筆者は想像する。

だが、そんな事態になるのは、
時間を持て余し、経済的に余裕がある
からに他ならない。

経済的に余裕が無ければ、
必死で働く必要があり、
時間も仕事に取られ、
余計な事を考え想像する余裕など
何処にも無いだろう。

そんな環境を与えてくれていたのは、
夫である船越英一郎であり、松居一代が
やりたい仕事をやりたい様に
出来ていたのも、
家族の理解が有ったからであろう。

船越英一郎が松居一代との離婚を決意し
調停に乗り出したのは6月28日の事。

特に好感度を求められる船越英一郎
にとっては、離婚という最終手段は
避けたいものだったはずだ。

ブログで松居一代のおかしい言動が
話題になり、snsで船越英一郎の
プライバシーを晒し始めたことで、
万策尽きたのではないだろうか?

おそらく、家庭内では以前から
松居一代のおかしい言動はあったと
思われる。

夫である船越英一郎が一人で受け止め
続けていた事も想像がつく。

そして、
浮気や不倫が事実であったとして、
それに関する事案について、
証拠に残るような事を、
わざわざ書き残すであろうか?
という疑問は誰もが抱くであろう。

船越英一郎の浮気不倫の相手は、
松居一代の友人というのは
違っているのでは?ないだろうか。

そして何より、犠牲になる子供の
心のケアが的確に出来るのかが
最も心配である。

筆者の前述の体験は、離婚後に、
先方が落ち着きを取り戻し、
今では善き理解者として、
お互いの人生を応援しあっている。

船越英一郎と松居一代にも、
その様な時が来る事を切に願う。


<参考>
//news.line.me/issue/bunshun-cp/direct?utm_source=oa-shukanbunshun&utm_medium=banner&utm_campaign=none&oa_id=oa-shukanbunshun
//bunshun.jp/articles/-/3197
//tocana.jp/2017/07/post_13753_entry.html
//news.biglobe.ne.jp/entertainment/0705/nsp_170705_1574540073.html

スポンサード・リンク
関連記事or広告

関連記事

  1. 2374828d005b0615f2ab432694c82384_s 明石家さんま日航機墜落事故の奇跡!娘いまるの名前に込めた思い!大…
  2. 423db51a0256208742ae7c63ffc842b4_s 出川哲朗の子供時代!実家は横浜の金持ち海苔屋の蔦金!?
  3. major-league-baseball-566193_640 涌井秀章投手【ロッテ】FA理由はメジャー!女性問題や押切もえとの…
  4. lion-1199757_1920 登坂絵莉の高校時代!父とオリンピックを目指す少女
  5. heart-1137259_640 斉藤由貴の賃貸マンション不倫の相手は開業医!【週刊文春】尾崎豊フ…
  6. stitchwort-7174_1920 有沢比呂子 相棒の演技もう見れない!
  7. question-mark-2648236_640 白鵬の黒幕説!解雇されず減給処分?八百長相撲モンゴル勢の疑惑につ…
  8. 3304885363385c214f6aa304689ee3e8_s マツコ・デラックス入院!病院と病名や復帰時期は?番組不在中はどう…

新着記事

PAGE TOP