Health & Beauty

熱中症予防と建設業の対策!食べ物や飲み物やおやつで栄養補給!

c3ce0f97d6cd61280455c26e378e8670_s

熱中症発症のピークは、
7月中旬から8月上旬とされており、
そのシーズンを私達は迎えている。

特に建設業のように、
屋外での作業が必要になる職業では、
予防対策が大切だ。

最近の取り組みのおかげで
熱中症が減っているものの、
自ら飲み物をこまめにとったり、
おやつを含む食べ物を工夫し、
自分でできることを普段から
習慣づけておきたいものである。

今回は建設業に携わる方々向けの
熱中症対策などを見ていくことにする。

 

スポンサード・リンク

 

個々が行う建設業での熱中症予防対策


夏になれば熱中症予防や対策に
関心が深まるが、実は、
労働による熱中症は減少している。

建設業界など、多くの組織の
熱中症予防や対策への働きかけにより、
熱中症が起きにくくなったようだ。

ただしまだ、労働による熱中症は
起きており、ゼロではない。

そこでまずは、建設業など現場で行う
熱中症の予防や対策を知ることにする。

次に食べ物など
建設業だけでない多くの人も
普段の生活でできることを知り、
熱中症ゼロを目指したい。

WBGTという言葉を見かけたことは
あるだろうか。

WBGTは「暑さ指数」とも言われ、
熱中症になりやすいかどうか
数値で知ることができる。

気温だけでなく湿度、
太陽から受けるエネルギーの量も
同時に調べている。

建設業の現場などでは
黒い丸印のついた機械で測定している。

自分で熱中症を予防するためにも、
この「暑さ指数」が毎日いくつなのか
チェックする事も、対策の1つになる。

数が大きいほど熱中症になりやすいので
建設業など、暑い中で集中力の
求められる現場での勤務では、
欠かさぬチェックが必要だ。

飲み物や休憩をしっかりとり、
熱中症の予防に努めたいところだ。

熱中症を予防するグッズも
できるなら身に着けて対策を。

また、自分の体が
暑さに慣れると熱中症になりにくい。

しかし、4日も休めば
暑さへの慣れは元に戻るので、
お盆などの、連休明けは要注意だ。

熱中症予防の飲み物、おやつなどの食べ物


熱中症予防には、飲み物や
おやつなどの食べ物からの栄養補給が
基本となる事は言うまでもない。

多くの方がご存知の通り、
喉が渇く前に飲み物をとるのは大切だ。

熱中症予防に一番適した飲み物は、
「経口補水液」という
水分補給に適した飲み物だ。

「経口補水液」とは、
食塩とブドウ糖を混合し、
水に溶かした飲み物である。

これは、まとめ買いをしても
500mlペットボトル1本が約170円と
お高めだ。

熱中症予防において、
スポーツドリンクやお茶でも
水分補給はできるが、
足りない塩分や糖分を補うことを
忘れないようにしよう。

どんな飲み物を準備できるかによって
気を付ける事柄が変わる。

〇熱中症予防で経口補水液

一日に500mlから1000mlを飲む。
(500mlペットボトルを1本から2本)

〇熱中症予防でスポーツドリンク

スポーツドリンクは、
熱中症予防における飲み物での対策では
真っ先に頭に浮かぶが、
スポーツドリンクでは
塩分が足りないとのこと。

昆布茶やみそ汁といった
塩分を含むものも口にする必要がある。

塩分をとる為のおやつとして、
塩飴や塩タブレットなどの商品も
あるので、飲み物と併用すると
良いだろう。

ただし、梅干しのように
自分に元々馴染みのある
塩分の多い食べ物で十分だ。

〇熱中症予防でお茶

熱中症予防には、
塩分だけでなく糖分も必要になる。

お茶やミネラルウォーターなどの
飲み物では、水分のみの補給となる。

そして、食べ過ぎないのなら、
糖分の多いアイスクリームのような
おやつも重要な選択肢だ。

他にも、おやつ的な食べ物では
スイカやブドウなど季節の果物も良い。

最近のコンビニではカットされた果物も
売られているようだ。

経口補水液のお値段を考えれば、
おやつとして、おいしい果物を
食べるのは良さそうだ。

建設業などで働く方は、この季節には
熱中症の他に、夏バテにも注意だ。

夏バテには食べ物からの栄養補給が
専らの対策となる。

肉やウナギなどの魚類や豆類
といったタンパク質の多い食べ物や
野菜や果物といったビタミンの多い
食べ物を多く摂るようにしたい。

お茶のような飲み物しかなければ、
おやつやデザートに果物を食べるのは
一石二鳥と言えるだろう。

 

スポンサード・リンク

 

熱中症予防の情報は例外に注意


ご自身の健康問題に興味を持ち、
積極的に情報を集める方も
いるだろう。

熱中症予防の情報を集めようと
ネット検索をすると、
自分に当てはまらない情報が
出てくる場合がある。

ここからは、熱中症予防に、
特に熱心な方に向けた例を見ていく。

飲み物で足りない塩分を
効率的に摂ろうとして
「塩分 吸収」と
検索キーワードを入れて調べると、
信州大学医学部の腎臓内科のページが
真っ先に表示される。

その内容は、

◆10gの『塩分』を摂取したら、10gの『塩分』を『腎臓』を経由して尿から排泄しないと体調を維持できなくなる◆
引用:信州大学医学部腎臓内科 食事療法

とあり、塩分は尿を作る腎臓からだけ
出ていくのだと考えている文章がある。

つまり、汗で失われる塩分は
無かった事になっている。

熱中症予防のために
汗で失われる塩分を気にする方々には
驚きの内容だ。

この文章は、
腎臓を悪くしていて
寒い冬の季節に長野に住む人達
に向けて書かれている。

熱中症予防に励む私たちに向けた
ものでは無いので要注意である。

また、腎臓を悪くすると
汗から塩分を失わない件は、
筆者はここで初めて知ったので
他も調べてみることにした。

同じホームページ内に
「腎臓病患者の熱中症対策に塩分?!」
という題名の文章があり、
ここでは腎臓が悪い方が
夏場に多くの汗をかく場合について
書いてある。

これから想像するに、腎臓の悪い方は、
寒い冬なら、
汗から塩分を失わないようだ。

さらに、

◆血圧が低めになっていたり、ふらつきが出ていたりするようなときには、体液量が減っている可能性がありますので、適切に水分・塩分量を補給する必要がある◆
引用:信州大学医学部腎臓内科 食事療法

ともある。

「ふらつき」どころか、喉が渇く前に
水分補給に努める私達と大きく異なる。

実際に、厚労省の説明では
腎臓の悪い方には(腎不全)、
「医師などの意見を踏まえ配慮を行う」
とある。

腎臓に事情を抱えている方々の
熱中症の予防対策は、他の方々とは
異なるので注意しよう。

Mee

参考(一部)
//whk.kensaibou.or.jp/asp/ItemFile/10000940.html?Bno=123f6885ebc107ccba0f01d721f74eba
//www.kensaibou.or.jp/data/pdf/leaflet/nechusho_yobo_goods.pdf
//www.jaam.jp/html/info/2015/pdf/info-20150413.pdf
//www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php

スポンサード・リンク
関連記事or広告

関連記事

  1. f7bc859553602ac4e04fba7b082c005f_s 男の正しい洗顔方法を知って美肌男をめざせ!
  2. 2247d1ece980ac7f4421816300d9783e_s 桐谷美玲!痩せすぎの原因は食生活?肌荒れにぼかしを入れるレベルだ…
  3. 0f10090f2788d3da867fd274a5860a44_s 子どもの夏風邪の原因と症状別の食事への配慮について知りたい。
  4. 360659 ヒアリとアカカミアリの生息地!刺されるとどんな症状で対処は?日本…
  5. stress-391657_1280 キラーストレスの点数チェック!コーピングやマインドフルネス瞑想と…
  6. 37f343f6d027d50f1ffa3d01be8df3cc_s 水分補給に適した飲み物は何?おすすめ飲み物!お茶やコーヒーはダメ…
  7. sunblock-1471393_640 飲む日焼け止めの効果と危険性!持続時間と副作用の胃痛や癌リスクに…
  8. feet-2138928_640 水虫の感染経路はお風呂以外も!感染予防法は消毒と家族感染に注意!…

新着記事

PAGE TOP