Health & Beauty

血圧サージが危ないとは?【医療進化】危険度チェックと予防&対策!

heart-214014_640

最近、血圧サージによって
臓器に損傷が起こり、突然倒れたり
最悪の場合死に至ることもある事が
医療の進歩により分かった。

血圧サージとは何か、
血圧サージが危ない理由とは何か、
危険度チェックの方法や、
血圧サージの予防と対策方法を
調べてみよう。

スポンサード・リンク

 

血圧サージが危ないとは?


まず、血圧サージとはどんな症状なのか
なぜ血圧サージが危ないと言われるのか
調べてみよう。

血圧サージとは


血圧サージとは血圧が急に上昇する事を
意味している。

常に血圧が高い人は高血圧というが、
血圧サージとは、
日常では血圧が正常値を示すが
何かをきっかけに
突然血圧が急上昇し下降する事であり
この血圧の急激な変化が危ないと
言われている。

健康な人は1日の生活を通して
交感神経の働きにより
血圧は緩やかに上下するが、
交感神経が異常に働くと
血圧サージを繰り返して起こし
内臓を損傷するなどの原因となり、
それが病気を引き起こす事が
分かった。

交感神経を異常にする要因となるのは
加齢、肥満、食生活、お酒、タバコ、
ストレスである。

血圧サージが危ない理由


なぜ血圧サージが危ないと
注目されているのだろうか?

血圧サージが危ない理由の1つ目は、
血圧サージが起こっている事が
判明しづらいという事である。

血圧サージとは
健康な人でも起こる症状であり
健康診断や病院で調べても
血圧が正常値を示すことが多く
気付きづらい症状なのである。

血圧サージが危ない理由の2つ目は、
血圧サージが脳や心臓の病気を
起こす要因の1つであり、
血圧サージの人は健康な人と比べ
脳や心臓の病気のリスクは
約2.5倍にもなり
中でも朝だけ血圧が上がる
朝型の血圧サージの人の場合は
約4倍にリスクは高まるという事だ。

血圧サージとは日常生活の習慣に
密接した症状の為、
生活習慣を変えることなく、
長期的に血圧サージを繰り返すことで
結果的に脳や心臓の病気を引き起こす。

例えば、脳の病気の1つ、
脳卒中で突然倒れた人の中には
そのまま寝たきりになる人や
命を落とす人がいるなど
それまでの生活を一変させてしまう。

血圧サージとは気付きづらい症状であり
重篤な病気の原因の1つで
そのリスクを高める症状の為に、
いま血圧サージが危ないと
注目されている。

スポンサード・リンク

 

【医療進化】血圧サージ危険度チェックと予防&対策!


医療の進化により、
命の危険をはらんでいる事が
明らかになった血圧サージだが
現在の自分の生活習慣による
血圧サージの危険度チェック方法や
血圧サージの予防方法、
血圧サージの対策方法には
どのようなものがあるのだろうか?

血圧サージの危険度チェック方法


医療の現場である病院や
健康診断で判りづらい血圧サージの
危険度チェックをする方法を紹介する。

医療の現場で判りづらいとなると
普段の生活の中で血圧をこまめに測る
方法が1つ目にある。

自分でこまめに血圧を測り
それをノートに記録していく方法で
急激に血圧が上がる事があれば
日常的に血圧サージが起こっている
可能性があると考えられる為、
とりあえず自分でつけた血圧の記録を
医療機関へ持参し、医者の診断により
血圧サージの危険度チェックを
受けるというもの。

2つ目の方法は
自分の生活習慣の中に
血圧を上げるきっかけとなる項目が
いくつ当てはまるのか
確認してみる方法だ。

血圧を上げるものを挙げると
長くトイレに座っている、喫煙する、
コーヒーなどカフェインの摂取、
月曜日をストレスに思う、
通勤電車のストレス、
お酒の飲み過ぎ、
医療機関での緊張感、
階段での疲れによるストレス、
暑い寒いなどの温度のストレス
などである。

3つ目の方法にインターネットで
血圧サージの危険度チェックが出来る
ページがあるので、
それでチェックしてみる方法である。

NHKの血圧サージのページで
帝京大学医学部の大久保孝義教授が
監修されている方法が紹介されている。

スポンサード・リンク

 

血圧サージの予防と対策方法


血圧サージの予防や対策方法だが
実は簡単にできることが多い。

血圧サージの危険度チェックをして
血圧を上げる要因の習慣を改善したり
気になる場合は医療機関へ相談し
生活習慣を変える方法を
指導してもらう事で
血圧サージの予防と対策が出来る。

また、ベルトを緩めて体を圧迫しない、
スリッパや靴下を履いて足元を防寒する、
意識的に深呼吸して血圧を下げる事でも
予防と対策ができるようだ。

一気に重篤な病気を起こすリスクのある
血圧サージは出来れば予防と対策により
避けたい症状である。

原因となるストレスは
1つ1つはささやかな事なので
心がけ次第で
寿命を延ばすことに繋がる為
ぜひ予防と対策を実践したいところだ。

ringorin

参考://www.nhk.or.jp/special/surge/detail.html
//www.nhk.or.jp/special/surge/
//www.news-postseven.com/archives/20171030_624878.html?PAGE=2

関連記事or広告

関連記事

  1. 加熱式タバコとは?健康被害と受動喫煙について考えよう!
  2. 888c133de9da3abc3b696d44c9368196_s コラーゲンの医学的な効果!肌や関節に効果的な摂り方と期間を説明!…
  3. dog-2844211_640 猫や犬の感染症が人間にうつる!?原因と症状や何科で受診するのか確…
  4. baby-1299514_640 代理母出産の現状!日本の法律や費用など問題点を過去事例から調査ま…
  5. 5b11ef9bda91ea00bc8c9472ee319ec1_s マダニの駆除!部屋や庭と犬の駆除方法と薬剤について知りたい!
  6. water-1111252_640 聴力低下が認知症の原因!?回復治療や鍛える方法などマジ調査!!
  7. 6ca50f3bbcfd1f7b95d5c74f6c5f6967_s 男性更年期障害の症状と年齢!治療や市販薬について知りたい!
  8. abstract-19363_1920 緑内障といびきの関係【睡眠時無呼吸症候群】スマホでチェックの方法…

新着記事

PAGE TOP