News

日焼け止めがハワイで禁止だと!?禁止理由と日焼けリスクまとめ!

hawaii-2700190_640

常夏のハワイは日本人のみならず
海外から多くの観光客が訪れる。

ハワイと言えば多くの人が海を
思い浮かべるだろう。

そんな常夏のハワイで日焼け止めが
禁止されたと言う。

禁止された理由や、日焼け止めを
塗らなかった場合のリスクなどを
調べて行こう。

スポンサード・リンク

 

ハワイで日焼け止めが禁止された理由


常夏のハワイに訪れる人々に衝撃が走った。

なんと2021年からハワイで日焼け止めの
使用が禁止されると言うのだ。

ハワイは言わずと知れた、観光地で
観光客の多くは海へ足を運ぶ。

そんなハワイで日焼け止めが禁止となると
観光客が戸惑うのも無理はない。

一体、何故ハワイで日焼け止めの使用が
禁止されてしまったのか。

その理由を調べてみると、サンゴ礁に対して
有害な成分を日焼け止めが含んでいる事が
分かったからである。

サンゴ礁へのリスクを懸念して
米ハワイ州の知事は、日焼け止め禁止法案に
署名してこの法案を成立させた。

サンゴ礁への害が理由で日焼け止めが
禁止された事は分かった。

だが、反対に人が日焼け止めを塗らず
海で直接肌に日光を浴びた場合の
リスクは多大なのではないだろうか。

次では、日焼け止めがサンゴ礁に対して
どのような影響を及ぼすのかを見て行こう。

日焼け止めによるサンゴ礁への被害


日焼け止めの何がハワイのサンゴ礁へ被害を
及ぼすのだろうか。

調べてみると、日焼け止めに含まれる
オキシベンゾンとオクチノキサートという
成分がサンゴ礁へ被害を及ぼすと言う。

日焼け止めを塗った人がハワイの海へ入ると
体からその成分が流れ落ちる。

結果、サンゴ礁が白化現象や
遺伝子の損傷を引き起こす。

ハワイの海のサンゴ礁を守るために
必要な法案である事がよく分かった。

しかし、海に訪れる人々の肌へのリスクは
計り知れない。

次では、人が日焼け止めを禁止された結果
肌に招くリスクを調べてみた。

スポンサード・リンク

 

日焼け止め禁止のリスクが凄い理由


ハワイで日焼け止めが禁止される。

理由はサンゴ礁の保護だと分かったが
日焼け止めを使用しなかった場合の
肌へのリスクを調べてみた。

代表的な例としてはシミ・ソバカスが
出来るリスクが大きくなる。

また肌が荒れるなどのトラブルにも
見舞われる確率が高くなる。

そして、最悪の場合皮膚がんに
なってしまうケースもある。

こうして調べてみると、ハワイの海で
日焼け止めが禁止された事は
とても重大な事だと分かる。

しかし、法案は既に可決されており
2021年1月1日からハワイでは
日焼け止めが禁止される。

では、ハワイを訪れる人は紫外線の
リスクをどう対処すればいいのか。

次では、日焼け止めを使用しない場合の
対策や、日焼け止めが禁止された理由の
成分が肌に及ぼすリスクまで調べてみた。

日焼け止めの肌へのリスク 日焼け止めを塗らない選択


日焼け止めがサンゴ礁に有害な成分を
含んでいる事からハワイで禁止された。

しかし、この成分はサンゴ礁にだけ
有害なのだろうか。

調べてみると、どうやら人の肌にも
優しいものではない事が分かった。

これは、ベビー用の日焼け止めも
例外ではない。

理由は日焼け止めに使われる成分が
やはり問題なのである。

日焼け止めの成分には界面活性剤や防腐剤
紫外線吸収剤、紫外線散乱材が
惜しげもなく使われている。

これらが肌へ及ぼすリスクは多大だ。

では、日焼け止めに頼らずに
紫外線のリスクを軽減するには
どうするべきか。

答えは、つばの広い帽子をかぶる
UVカット加工のしている服を着る
日傘を使う
である。

しかし、海でこの対策を取ることは
少し難儀な気がしてならない。

しかし、ハワイでは日焼け止めが
禁止されてしまうのだから仕方がない。

サーファーなどが着用する
ラッシュガードなど、
長そで長ズボン的な専用ウェアも
最近は人気がありサーファーでなくても
着ている人が増えている。

更に、海での紫外線リスクの予防として
血中のビタミンC濃度を高めて
紫外線を抑制する事が出来る。

日々の小さな積み重ねが大切である。

また、私たち黄色人種は、白人と違って
皮膚がんの発生率は低い。

理由は肌の色が違う事にある。

白人のデータを鵜呑みにして
日焼け以上の肌へのダメージを
日焼け止めで与える理由はない。

リスクを最小限に収めた上で
日焼け止めを禁止されたハワイでも
海を満喫できれば良いのだ。

スポンサード・リンク

 

まとめ


今回は、ハワイで法案が可決された
日焼け止めの使用禁止について調べてみた。

ハワイは言わずと知れた常夏の島で
その紫外線は調べるまでもない。

そんなハワイで日焼け止めの使用を
禁止されてしまっては大問題だ。

だが、日焼け止めがサンゴ礁に及ぼす
リスクが多大なように、人の肌へ与える
ダメージも相当に大きい。

日焼け止めに頼らずに紫外線を防ぐ術を
ハワイでのみならず、考えるべき時に
きているのだ。

373

<参考サイト>
ライブドアニュース

関連記事or広告

関連記事

  1. 8f350db17b89c182964cb2370ed92e94_s 財務省の書き換え問題で2人目の犠牲者が!佐川宣寿の国会答弁の作成…
  2. abstract-2151345_640 空振とは?鹿児島と宮崎市で地震も?桜島や新燃岳の噴火で観測!わか…
  3. businesswoman-454871_640 昭恵夫人にバカ嫁評判!お嬢様な家系図と学歴コンプレックスが森友学…
  4. heart-1632914_1920 ユッケ食中毒2011の症状!被害者と焼肉酒屋えびす社長のその後は…
  5. taxi-cab-381233_1920 綾部祐二ニューヨーク行きの理由に無理無謀の声!ビザは大丈夫!?
  6. city-1283634_640 米朝首脳会談!一旦中止理由と金正恩のホテル代やなぜシンガポールな…
  7. icon-1480926_1280 公衆無線LANを新規設置【総務省】災害時避難場所や観光スポット3…
  8. 62e3d3a50d97308ca694964d4fe45bc3_s 地球一周の船旅ピースボートはボランティアで費用タダ!?安全面が懸…

新着記事

PAGE TOP