News

ICBMミサイルの威力と北朝鮮!アメリカと日本の対応は?現状報告!

スポンサード・リンク

今までミサイルの実験を
繰り返してきた北朝鮮だが、
その精度は日を増すごとに上がり、
ついにはICBM級のミサイルを
開発するまでに至った。
その威力はどのようなものなのか?
また、この事態に対してアメリカと
日本の対応はどのようなものと
なっているのだろうか?
その現状報告をしたいと思う。

 

 

ついに北朝鮮がICBM級のミサイルを手に入れた!


北朝鮮が今までの実験の成果なのか
ついにICBMミサイルを開発する
までに至ってしまった。

北朝鮮は今年に入って11回目の
ミサイルの発射を行なった。
特に最近はかなりのハイペースで
ミサイル実験を行なっていた。

このICBM飛距離距離としては、
アメリカのアラスカまで
到達しうるものと推測されている。

つまり、従来のミサイルであれば
日本への飛来を意識したもので
あったが、
今回のICBMミサイルの開発
によりアメリカへの飛来の可能性
があるという事が明らかになった。

明らかに北朝鮮のミサイル技術
による脅威が世界を脅かしうる
までになってしまったのだ。

北朝鮮がここまで核実験、並びに
ミサイルの実験を繰り返す理由として
よく言われている理由としては
北朝鮮の国力を世界に示すという事。

また、それと関連して言えるのが
アメリカへ届くほどのICBMミサイル
を開発する事で、
アメリカへの抑止力を手に入れ、
従来のパワーバランスを変え、
対等の立場になろうとしていると
考えられなくもないだろうか?

北朝鮮がついにアメリカまで届く
ICBMミサイルを開発し、その力を
前回のミサイル発射実験で世界に
示した事となる。

これによってアメリカも北朝鮮の
顕在化した脅威に対し、
従来のパワーバランスに則った
対応ではなく、
北朝鮮に違った対応を
取らざるを得ない状況を
作り出す事を目的としているだろう。

北朝鮮ICBMミサイルのゾッとする威力。アメリカや日本の対応は?


北朝鮮のICBMミサイルの威力は
どれほどのものだろうか?
それに対して、
アメリカや日本は現状
どのような対応をとっているのか
見ていきたい。

まず、北朝鮮のICBMミサイルの
威力を見ていきたい。

今回はミサイル単体の威力というよりも
ICBMミサイルに核弾頭を装填した場合の
威力を見ていこうと思う。

先月の産経新聞によると、
米航空宇宙学者ジョン・シリング氏は
北朝鮮はICBMのミサイルに核弾頭を
搭載できるのは時間の問題で、
約500キログラムの物体を
乗せる事ができるとの見解を示した。

その500キログラムというと、
広島、長崎で搭載された核の量と
同等程度のもののようだ。

つまり、その威力も同等程度の
威力が見込まれるというわけだ。

つまり、北朝鮮のICMBミサイルに
よって、広島、長崎で与えた被害と
同じ規模の被害を、日本のみならず
アメリカへも与え得るまでになって
しまったという事だ。

広島、長崎での核被害というと
核爆発による深刻な被害を受けた
範囲は爆心地から約半径2キロメートル
の範囲内。

爆発による直接的な被害から、
キノコ雲が降らす黒の雨による放射能を
浴びてしまったのがこの2キロメートル
の範囲内だと言われている。

また、死亡者数は
広島の場合、約9-16万人。
長崎の場合、約7万4000人である。

これだけの被害をもたらす核爆弾を
ICBMミサイルという飛距離の長い
ミサイルに搭載できるというのは
その威力もさることながら、
北朝鮮の世界に対する脅威の度合いが
一気に高まったと言っても
過言ではないだろう。

また、このICBMミサイルの脅威
に対してアメリカや日本の対応は
どうなっているのだろうか?

 

スポンサード・リンク

 

アメリカや日本の対応は?


昨日の7月31日に、日本の安倍首相と
アメリカのトランプ大統領が
52分間にも及ぶ電話会見を行なった。

日本とアメリカは今回の電話会見を
踏まえて、北朝鮮に対して
「さらなる行動」をとって行くという
意見の一致に至った模様だ。

その「さらなる行動」とは
国連安保理決議での、北朝鮮に
対しての制裁を加える事や、
日本とアメリカでの共同訓練
を引き続きやっていく事
だと言われている。

即ち、日本もアメリカも
ICBMを保有する北朝鮮の脅威に対して
譲歩した対応というよりも、
決して屈する事なく強硬姿勢を
とって行くというアピールである。

また、日本とアメリカは連携して、
北朝鮮へ強行姿勢をとっていくとして
やはり依然として北朝鮮との関係から
慎重姿勢を取っている
中国やロシアをどう巻き込んでいくか
というのも日本とアメリカの
課題と言えるだろう。

また、万が一北朝鮮が核弾頭を搭載した
ICBMミサイルを発射した場合、
日本とアメリカは適切に
迎撃する事ができるのだろうか?

仮に日本の東京に
ミサイルが発射された場合
日本はイージス艦の「SM3」ミサイルで
上層部である大気圏内での迎撃、
撃ち漏らしが発生した場合に備え、
地上に配置している「PAC3」ミサイル
での迎撃態勢をとっている現状だ。

たが、記事の冒頭部で記述したように
北朝鮮のミサイルの精度も上がり
ICBM級のミサイル開発に成功した事や、
一度にどれだけのミサイルの量を
放たれるかどうかで、
迎撃の可能性は大きく変わってくるので
迎撃可能かどうかを
一概に述べることはできない。

ここで重要となってくる事が、
やはり北朝鮮への抑止力を高め
いかにしてICBM等のミサイルを
打たせない状況にするか、
という事なのだろう。

そのような意味で、
日本とアメリカの北朝鮮への
対応はより緊迫したものに
なりつつある、というのが現状だ。

<参考>

//www.sankei.com/world/news/170707/wor1707070018-n1.
//ja.wikipedia.org/wiki/広島市への原子爆弾投下
//ja.wikipedia.org/wiki/長崎市への原子爆弾投下
//headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000130-mai-pol

スポンサード・リンク
関連記事or広告

関連記事

  1. 矢野康治官房長【財務省】が行方不明!?赤木俊夫氏の妻と遺書も!?…
  2. 小室哲哉まさかの引退!週刊文春やりすぎ不倫報道のあり方について!…
  3. 岸田文雄外相と夫人のプロフィール!大学や英語力と息子達について!…
  4. 三反園訓知事の昔の女性問題と原発公約違反?評判や秋篠宮様案件もチ…
  5. 小規模居酒屋も喫煙を法律で禁止!?喫煙室設置不可能な理不尽法案【…
  6. 太田正孝市議が林文子横浜市長を公職選挙法違反で刑事告発!?脅迫な…
  7. 丸山和也参院議員の現在も失言王!認知症で脳がおかしい?過去の失言…
  8. 生活保護の金額はなぜ外国人の方が高い?最高裁の判断と条件!廃止や…

新着記事

PAGE TOP