News

パラダイス文書とは?わかりやすく簡単に説明!日本人や日本企業もタックスヘイブンへ!

以前にもパナマ文書流出で騒ぎとなり
様々な組織や会社を代表する人物が
記者の質問にコメントし報道されたが
今回もまたパラダイス文書流出となり
タックスヘイブンの恩恵を受けていた
企業や人物の詳細が
明かされようとしている。

今回流出したパナマ文書とは
どういったもので、
日本人や日本企業が
どのように関係しているのか
わかりやすく簡単に説明しよう。


スポンサード・リンク

 

パラダイス文書とは?わかりやすく簡単に説明!


パラダイス文書とは
どのような文書なのか、
なぜパラダイス文書と呼ばれているのか
わかりやすく簡単に説明しよう。

パラダイス文書とは


まずパラダイス文書とは何か
わかりやすく簡単に説明しよう。

今回、流出したことで日本で早くも
釈明を求められる政治家を出した
この文書はパラダイス文書と呼ばれ
入手したのは南ドイツ新聞だが
パラダイス文書の入手経路や時期は
一切明かされていない。

このパラダイス文書とは
イギリス領土のバミューダ諸島の
法律事務所アップルビーが
主な流出元として特定されている。

文書の中身をわかりやすく
簡単に説明すると
これまで誰にも知られてこなかった
人やお金、企業のつながりを
露見するもので、
税金の課税を免れたり
企業のお金を勝手に使うなど
悪用され使われたお金の流れなども
含まれていると言われている。

世界中で騒がれるパラダイス文書とは
わかりやすく簡単に言ってしまえば
見る人から見れば
ひとつの告発文書ともいえる
文書なのである。

もちろん、パラダイス文書とは
人やお金や企業の
つながりを示す文書のため
違法性のない情報も含まれていて
パラダイス文書をもとに
記者が取材しているからといって
必ず違法なことをしているとは
限らないことだけ先に述べておく。

ただ、前回のパナマ文書に続いて
世界各国の主要な人物に関わる情報や
これまで明かされていなかった
外交を揺るがすような
国と国のつながりとも言える情報も
暴露される可能性があるため
世界中で注目されている。

パラダイス文書と呼ばれるのはなぜ?


このバミューダ諸島は
大西洋に浮かぶ島で
避寒地としても人気の温暖な気候の島で
多くのクルーザーが並ぶ港や
淡い色合いの建物が美しく、
わかりやすく簡単に言うと
バミューダ諸島とは
日本人で言えばグアムやハワイといった
楽園のような場所なのである。

そんな楽園から流出した文書なので
国際調査報道ジャーナリスト連合ICIJが
わかりやすく簡単に
パラダイス文書と名付け、
現在大いに騒ぎをよんでいるのだ。

文書の名前はパラダイスだが
文書の中に名前が載っている人は
パラダイスとはかけ離れた
心持ちでいることだろう。


スポンサード・リンク

 

パラダイス文書!日本人や日本企業もタックスヘイブンへ!


このパラダイス文書が
そもそも存在したのは
タックスヘイブンと呼ばれる地域が
あるからこそなのだが、
タックスヘイブンとは
どのような地域ことなのだろうか?

また、日本人や日本企業も
流出したパラダイス文書に
名前が載っていたようだが、
タックスヘイブンを利用している
日本人や日本企業も多いのだろうか?

タックスヘイブンとは?


タックスヘイブンとは
なんなのだろうか?

タックスとは税、
ヘイブンとはイギリスでは避難所、
また他の国では天国や楽園といった
意味がある。

パラダイス文書の流出元がある
バミューダ諸島を含めた
タックスヘイブンは
所得税や法人税・
金融資産の利益への課税が無かったり
他国よりも優遇される税制をしく
国や地域のことで、
日本語ではタックスヘイブンを
租税回避地としている。


スポンサード・リンク

 

日本人や日本企業もタックスヘイブンへ!


タックスヘイブンは税金の法律を
他の国や地域より緩くして
外国の企業や人を呼び込み
そこでビジネスをして
雇用や手数料をもらい
人々は生活している。

しかも、タックスヘイブンの国や
地域によって、他国からの納税者に
関する情報開示請求を
拒否することもある。

例えば日本の税務署が
日本人や日本企業に関する納税の情報を
教えて欲しいと言っても
個人情報保護などを理由に拒否される為
干渉が出来ない。

その為、堅く守られる安心感から
富裕層のお金が多く集まっていると
言われている。

しかし、課税を逃れることが多くなると
各国での納税額が下がり困る為、
主要各国ではタックスヘイブンへの
対策税制を整備して対応している。

他国ではパラダイス文書により
違法な課税逃れにより
追求される人物も出てきている様子。

日本では2010年にバミューダと
脱税防止協定を結んでから、
他のタックスヘイブンとも
協定を結んでいて、
地域統括会社に対して
タックスヘイブン対策税制を
緩めている。

タックスヘイブンを利用している
日本人や日本企業は多く、
有名な日本企業の社長個人でも利用され
日本企業では商社、郵船会社、
音楽関連会社、おもちゃ会社などがあり
今後も合法的にタックスヘイブンを
利用する日本人や日本企業は
多くなっていくかもしれない。

参考://ja.wikipedia.org/wiki/タックス・ヘイヴン
//www.asahi.com/special/paradise-paper/
//www.sankei.com/world/news/171106/wor1711060015-n1.html


関連記事or広告





トランプ大統領来日日程と交通規制!空港とホテルやゴルフ場を確認!

日航機墜落事故の真相?生存者川上慶子ら7人の証言とその後と機長の娘の現在!

関連記事

  1. 林芳正文部科学相のキャバクラヨガと当て逃げの過去!家系図スゴイし…
  2. 佐藤栄学園花咲徳栄高校の評判は宗教と脱税でブラック?理事長はどん…
  3. 白タク解禁いつから?気になる料金表!中国人客乗せ逮捕も利用者に罰…
  4. 水爆とは?放射能の威力と範囲や保有国をわかりやすく説明!
  5. 日韓合意【慰安婦問題】の内容と破棄による海外の反応!わかりやすく…
  6. 桜島噴火速報!現在の現地の状況や風向きは?地震とも関係する!?【…
  7. 朝鮮半島で戦争再開の可能性2017年!日本への影響と株価【投資家…
  8. 霙(みぞれ)霰(あられ)雹(ひょう)其々の字の成り立ちと意味や違…

新着記事

PAGE TOP