News

天才ホーキング博士の100年後の予言とは?AIと人類滅亡に警告!アインシュタインと並ぶ天才の遺言!!

車イスの物理学者として世界的に有名な
スティーブン・ホーキング博士が14日に
天に召された。

AIの進化以外にも100年後に人類の
滅亡の危険性がある事を予言した、
アインシュタインと並び称される天才は
独自の理論で宇宙論を発展させた。

また独自の見解を持つ「天才」は、
AI以外でも衝撃の人類が経験するで
あろう未来像を語り続けていた。


スポンサード・リンク

 

スティーブン・ホーキング博士のAIに関する 100年後の予言の根拠とは?

 


2018年3月14日、独自の宇宙論と
100年後の人類に対する衝撃的な予言で
アインシュタインにも匹敵する業績を
残したスティーブン・ホーキング博士が
76歳で天に召された。

生前、スティーブン・ホーキング博士は
AIの進化に関するBBCのインタビュー
に対して、完璧な人工知能の開発は
人類の終末を意味すると警告を発した。

もっともアインシュタイン並の彼の
AIの100年後を見据えた危惧から
発せられた警告には反論の予言もある。

アメリカのシアトルに存在する
アレン人工知能研究所のCEOである
オレン・ エツィオーニ氏はAIの
ポテンシャルが向上しても暴走の危険性
は無いと見解を予言している。

しかしスティーブン・ホーキング博士は
AIの真の脅威はその能力よりも
学習能力の高さであり、その学習の
スピードは人間の比では無いという所が
その警告の内容であり、100年後を
想像してみるとゾッとする物である。

このスティーブン・ホーキング博士の
独特の着眼点は発表した宇宙論にも
見られており、独自の「量子宇宙論」で
1963年には従来の相対論で説明が
不可能だったブラックホールの構造を
解明し、現代の宇宙論に多大な影響を
与え、アインシュタインの時代以降の
発展に大きく寄与した。

そして1974年にはあらゆる物を飲み込む
ブラックホールは、周囲に飲み込む物が
無い場合、エネルギーを放出した上で
蒸発するという、「ホーキング放射」と
いる仮説を立てた。

これらの業績について、名古屋大学の
杉山直教授は、常識に捉われない理論で
ある故に検証が困難ではあるにせよ、
ノーベル賞クラスの大仕事であると
感動していた。

そしてスティーブン・ホーキング博士の
天才ぶりは、上述のAIに関する予言や
100年後の人類に関する警告以外では
宇宙論をシンプルに解説する
サイエンス・ライターの資質にも如実に
現れている。

「ホーキング、宇宙を語る」等の著作
が世界各国で翻訳され、恐らく100年後
も読まれている可能性もあるであろう
貢献は、アインシュタインにも
決して見劣りのする物では無い。

そしてアインシュタイン以後の
宇宙の研究を牽引し続けて来た彼の
100年後を見据えた予言と警告は、
AI関連だけでなく本業の宇宙論でも
衝撃的な物である。


スポンサード・リンク

 

アインシュタインの望みでもあるスティーブン・ホーキング博士の警告!

 


アインシュタイン以後の宇宙論を
独自の理論で推し進めた天才、
スティーブン・ホーキング博士は上述の
通り100年後のAIに関する警告という
形の予言に見られる様に、
思いもよらない角度からの人類に対する
脅威がある事を示唆している。

1999年の人類滅亡の記述以外はほぼ
的中していたノストラダムスの大予言
の様な天変地異でなく、人工ウイルスや
核戦争、地球温暖化等、AIの進歩同様
に人類が自分で自分の首を絞める形で
100年後に自滅してしまうという内容の
警告をしているのだ。

アインシュタインや
スティーブン・ホーキング博士と並ぶ
宇宙学の権威マーティン・リース博士も
アインシュタインの時代とは違い、
また科学が人類に大きな損害を与える
可能性を危惧している。

またスティーブン・ホーキング博士は、
スペイン紙「El Pais」の
インタビューで、人類が生き延びる為に
100年後には地球外で居住地を見つける
必要性を予言しているが、
その理由の一つはリース博士同様人類が
自分の首を絞めて地球に留まる事が
出来なくなってしまう事であった。

そしてもう一つは、AIの警告以上に
インパクトのある、さすがに
アインシュタイン以後の宇宙学を
牽引した博士ならではの見解というべき
ものであった。

それは地球から約16光年離れた惑星、
「グリーゼ832c」に高度な知性を持つ
生命が存在している可能性が見られ、
最悪の場合地球が侵略を受ける可能性が
あると予言はしていたが、その時の
スティーブン・ホーキング博士は、
恐怖におののくよりも地球外の生命体の
存在に興奮している様でもあった。

このコメントはAIの警告の時とは
違い100年後の人類の姿の想像に夢中に
なっていたと思われる。

ただスティーブン・ホーキング博士は
悲観論者という訳では決して無く、
AIの警告を含めた100年後の人類に
関する予言は、科学の危険性を理解した
上でリスクコントロールをする能力が
人間には備わっている事への信頼から
の物であると強調している。

彼の望み通り人類が正しい道を進む事を
アインシュタインも望んで
いる事だろう。


スポンサード・リンク

 

まとめ

 


Twitter上では、
スティーブン・ホーキング博士の命日が
アイシュタインの誕生日である偶然で
盛り上がりを見せている。

量子宇宙論の父として功績を残した他に
AIの危険性の警告等の100年後の人類
に関する予言は多くの人の注目を集め、
その「伝える」技術でもライターとして
活躍した。

ユニークな視点を持った天才、
ホーキング博士の誕生日1942年1月8日は
ガリレオ・ガリレイの
没後300年にあたる。

参考サイト
毎日新聞


関連記事or広告





安倍内閣2018ついに崩壊か?森友問題が終わりの始まり!総辞職はあるのか!?

梅宮辰夫が顔面30針の大怪我!「笑っておくれ」昭和の男のやせ我慢がカッコイイ!!

関連記事

  1. 安倍総理の残業ゼロはいつから?実施可能な企業とメリットデメリット…
  2. 麻生グループと社長と麻生太郎大臣の関係とは!?病院や専門学校など…
  3. 台風21号2018!飛行機や新幹線など交通機関への影響予想!在来…
  4. 森友学園問題の真相をわかりやすく最新版でまとめる!発端やきっかけ…
  5. 台風予想2019年!発生傾向を気象庁データから大胆予想!
  6. 北朝鮮ミサイル発射で日本に落ちる可能性と場所!被害の範囲や影響の…
  7. 望月衣塑子記者の頭おかしい反日質問と経歴!夫は朝日新聞!?
  8. ゾフルーザの耐性菌とは?インフルエンザ副作用などデメリットについ…
PAGE TOP