News

米中貿易戦争の今後はどうなる?日本への影響をわかりやすく解説します!

アメリカのトランプ大統領は、
中国とのアンフェアな貿易により
アメリカが貿易黒字になった事が無い
という事実に苛立ちを隠せない。

現在、米中貿易戦争の激化の懸念は、
日増しに高まっているが、その原因は
知的財産権の侵害であり、わかりやすく
いえば技術が必要なアメリカ製品の
売り上げが中国の製品の流通の影響に
より落ち込んでいる事である。

アメリカも中国も日本の「お得意様」で
あるだけに、この貿易戦争の動向からは
今後、目が離す事が出来ない。


スポンサード・リンク

 

今後、米中貿易戦争が激化したら今後日本はどうなる!?


2018年4月7日、
トランプ大統領は自身のツイッターで、
中国の不公正な貿易の影響で、今まで
40年間対中貿易が赤字になっている
と批判した。

わかりやすく言えば彼は
米中貿易の赤字の削減に大きな意欲を
示している事の表れだが、両国とも
日本にとって大切な顧客であるだけに
今後その動向は大変に気になる問題だ。

その懸念をわかりやすく言えば、
米中貿易戦争が巻き起こったならば、
今後日本にとってその「戦争」の影響は
決して小さくはない。

その背景には
アメリカの貿易赤字の比率で、中国が
大きなパーセンテージを閉めている
事からも明らかであり、
下にそのデータを示す。

アメリカの貿易赤字の国別比率
(1990年)

日本…40.4%
中国…10.3%
ドイツ…9.2%
メキシコ…1.8%

アメリカの貿易赤字の国別比率
(2016年)

中国…47.3%
日本…9.4%
ドイツ…8.8%
メキシコ…8.6%

この事実は、わかりやすく言えば
貿易赤字の原因としてアメリカから
批判を受けていた日本の立場が、
中国に取って代わった事を
はっきりと示している。

この両国は日本の貿易輸出額のうち
4割近くを占める「お得意様」
である為に、この両国が
「米中貿易戦争」で弱ってしまうと、
日本にとっても大打撃で、
屋台骨に大きな悪影響が出てしまう。

米中貿易戦争の激化の可能性と
その事による懸念


現在、米中貿易戦争が現実味を
帯びている中に、新しい展開が起き、
中国は2018年4月2日にはアメリカの
豚肉や果物等に2.5%の関税を
上乗せした他、同4日にも
大豆や牛肉に対しても同様の措置を
取る事を発表した。

この様に、米中貿易戦争が現実味を
帯びている中、アメリカの農業団体が
トランプ政権への不信感を強めている。

その理由は、アメリカ側の農業団体が
現在の農産物の売上高はアメリカが
一方的にリードしているが、今後、
中国との関税の引き上げの報復合戦が
繰り返され、
関税引き上げをされる事になれば、
中国の大市場を他国に奪われる可能性が
ある事を恐れているからである。

トランプ大統領の支持基盤は
農村であったが、今後この事態を
見過ごしたままだと、その支持基盤に
悪影響が出て来る事は間違い無い。

もしもトランプ大統領が
米中貿易戦争の引き金を引いたら、
今後わかりやすく影響が出るのは
日本よりもアメリカ国内である
可能性もある。

わかりやすく言えば、トランプ大統領は
自分で自分の首を絞めてしまう事に
なりかねない。


スポンサード・リンク

 

米中貿易戦争が起こった際のアメリカ以外への影響をわかりやすく説明する!


トランプ大統領は、米中貿易の結果、
電化製品や通信機器などの知的財産権で
500億ドルから600億ドル
(5兆3000億円から6兆3000億円)
に相当する金額の被害を受けたと
発表したが、これはわかりやすく言えば
不公正な貿易の影響である。

その損害を取り返すために、
もしかしたら国内の地盤が
危うくなる事も承知の上で、今後、
米中貿易戦争を激化させる事も考えられ
そうなると、
アメリカとの貿易で黒字をマークする
日本にも、今後その影響で中国からの
制裁があるかも知れないのである。

しかし今の条件からわかりやすく
考えれば、日本の貿易に与える影響が
見逃せない米中貿易戦争は、
アメリカに大変有利と見られている。

米中貿易戦争のシナリオの想定


もしもアメリカと中国が
貿易戦争に本腰を入れたら、
どうなるかを考えてみよう。

そもそも中国の製品は
豊富な労働力に支えられており、
もしも今後、
輸出の売り上げが落ちると
失業者が増えてしまう。

しかも中国は知識集約型の製品、つまり
わかりやすく言えば、ハイテクな製品を
アメリカから輸入しているが、
日本の様に自国で作る事が出来ない。

しかもアメリカは、もしも今後において
中国の製品を輸入せずとも
自国でまかなったり、
他の国からの輸入で間に合わす事が
可能なのである。

わかりやすく言えば、
基本的な条件が違い過ぎるのである。

しかし米中貿易戦争で
アメリカが勝ったとしても、その影響で
中国からの輸入の案件が、
日本に切り替わる事は無いというのが
識者の見方である。

しかし、トランプ大統領の上の批判の
コメントの様に米中貿易戦争も辞さない
というコメントはポーズで、あくまでも
交渉を重視して譲歩を引き出すという
意向を述べており、
今後温和に事が運ぶ期待感もある。

だが上記の様に、中国がアメリカからの
輸入品に関税をかけ、その影響による
今後の米中貿易戦争の激化の懸念の中で
日本の望みはそれこそわかりやすく
言わば「トランプの切り札」に希望を
託すほか無いのだろうか?


スポンサード・リンク

 

まとめ


激化が懸念される米中貿易戦争であるが
もし両国が本腰を入れれば、
アメリカの圧勝で終わるであろうが、
その影響で
トランプ大統領の地盤を失いかねない。

この二つの国は、わかりやすく言えば
まるで2台の車が真正面から互いに
ぶつかる形で走り、どちらかが先に
かわしたら負けの「チキンレース」を
行うかも知れない状況なのだ。

日本にとってのお得意様が
貿易で争う事が無い様、
トランプ大統領の温和な姿勢に
期待したい。

<参考サイト>

産経ニュース
日本農業新聞


関連記事or広告





北朝鮮拉致問題の北朝鮮の目的と解決しない理由は?米朝首脳会談で進展するか!?

パチンコ規制強化はいつから?強化の理由と勝てない理屈とは!?業界は弱体化の一途!

関連記事

  1. 北朝鮮ミサイル発射失敗で日本に落ちたらどうなる!?戦争になる可能…
  2. ディスクゴルフのルールとコース【主に関東圏】用具の販売ショップは…
  3. シリア難民受け入れ!日本のメリットと課題や問題点は?
  4. 富岡八幡宮事件と富岡長子!神社本庁や宮司の跡目相続などわかりやす…
  5. 安倍首相が韓国無視!見捨てるか制裁か?韓国の反応は被害妄想!?【…
  6. 安倍首相の長期政権!9月に3選確定?低下しない支持率とメリットと…
  7. 麻生太郎の家系図すごいぜ!話は戦国時代から?妹・信子や子供達にも…
  8. 石破茂は総理にはなれない?派閥メンバーと安倍晋三!小池百合子応援…
PAGE TOP