芸能

堀ちえみの難病!顔のむくみ・腫れはリウマチの薬リウマトレックスの副作用?心配の声続出!

243ae2dcc42e7f714d1dc06f15e0cfec_s

「花の82年組」の1人、堀ちえみは
今もテレビでお馴染みである事実は、
かつてのファンも嬉しい事実であろう。

しかし、アイドル時代と比べて
顔の腫れやむくみによる変化を
取りざたされていたが、
これはリウマチの治療の際の薬の
副作用と言われている。

また彼女は病気以外にも顔の変化が
見られているが、この背景には
どういう事情があったのだろうか?

スポンサード・リンク

 

堀ちえみの顔の腫れはリウマチの薬による副作用であった!


1982年にデビューした堀ちえみは、
他の同期のアイドル同様、
デビュー以来現在も活躍する
芸能人の1人であるが、以前と比べて
顔の腫れとむくみが見られる事を
指摘されていた。

その原因は彼女が患っている難病、
リウマチの治療の際に処方される薬の
1つ、リウマトレックスの副作用と
言われてはいるが、その薬を使用したか
どうかの確固たる証言は
見つかっていない。

しかし難病リウマチとの闘病の上で
摂取する薬の副作用による物である事は
真実で、芸能人にとって大切な顔が
腫れ、むくみもある事で
堀ちえみに対して心配の声も多いが、
その病状が現れたのは2016年の
3月であった。

堀ちえみを襲ったリウマチ!現在も薬の投与は欠かせない!


現在、リウマチは治療法が進んでいる
とはいえ、患者にとって闘病が難しい
という意味で難病である事には
変わりは無い。

堀ちえみの場合、2016年3月に
体のだるさと疲れが取れず、そして
体の痛さと右手の腫れといった異変が
見つかった事がリウマチの発見の
きっかけであった。

そして同年4月に人間ドックを受けた所、
血液検査でリウマチの数値が高い事が
判明する。

しかし早い段階で治療を受けた事と
相性の良い薬がすぐに見つかった
事もあり、大事には至らなかった。

しかし薬の副作用は具合の悪い事に
顔に大きく表れてしまい、その腫れと
むくみは心配の声が続出する原因とも
なり、未だに闘病が終わっているかは
不明である。

しかし薬によって体のだるさはカバーが
出来る様になった模様で、
掃除等も時間があれば行っている。

しかし、難病のリウマチの治療とは
関係無い顔の変化もまた、ネット上の
話題となっている。

堀ちえみのリウマチ以外での顔の変化とは!?


堀ちえみのアイドル時代からの
顔の変化は、上述の顔の腫れやむくみの
他に、整形とよると思われる物がある。

その変化は、目頭が鋭角に尖っている
様な変化が見られるという物で、これは
「目頭切開」といわれる整形をしている
可能性がある。

この事に関して堀ちえみは、韓国で
美容のレーザー治療法の一つである
「ウルセラ」を受けた事を明かして
いる。

2018年には51歳となるにも関わらず、
顔の肌が真っ白でツヤツヤでシワも無い
顔は不自然であることから、その評判は
芳しくはない。

この事もまた上述の顔の腫れやむくみと
同様にその異常さを指摘されており、
またその整形技術は高須クリニックに
「日本で施術した方が良かった」と
いうレベルとの事である。

しかし、確かに難病と年齢をカバーする
気概は「プロ根性」と言えるだろう。

そして堀ちえみが難病と闘って整形に
こだわった理由として、アイドル当時の
環境が彼女なりのプロ意識を育てた事が
考えられる。

スポンサード・リンク

 

難病リウマチと闘う堀ちえみが顔の腫れやむくみもある整形をした心境とは?


堀ちえみは、ご存知の通り小泉今日子や
石川秀美といった「花の82年組」の一人
であるが、当時のアイドルブームが
苛烈だった証拠として、
当時のアイドルが「キャラ立ち」して
いた事が考えられる。

難病のリウマチとの闘病や、薬物の
副作用と見られた顔の腫れやむくみを
伴う異変や老化への戦いをした様に、
彼女は他のアイドルとの差別化という
戦いを経験していたのだ。

往年のアイドル堀ちえみが、リウマチと
いう難病を患っただけでも、
かつてのファンは痛々しく感じる事は
間違いないが、薬物による顔の腫れや
むくみの副作用もある治療や整形をした
心境とは、どの様なものだったのか?

デビュー当時は個性が求められた!堀ちえみのアイドル時代!


1982年には多くのアイドルがデビューを
果たしたが、多くの女性アイドルは
松田聖子の「聖子ちゃんカット」を
模倣していた。

しかし多くのアイドルがひしめいて
いるという事は、個性化をしなければ
生き残れないという事でもあり、
今でも話題に上る82年組のメンバーは
それぞれ持ち味があった事が判る。

芸能人運動会で活躍した体育会系の
石川秀美、外国の文化を感じる様な
帰国子女系の早見優、大人の雰囲気の
女性を感じる中森明菜までいる
キャラの幅は、以前の時代には
無い物だった。

そして堀ちえみは親しみやすいキャラを
確立し、「スチュワーデス物語」で
有名になった事はご存知の通りである。

このドラマの主人公の様に、
「ドジでノロマなカメ」の如く奮起し、
リウマチの薬物の影響による顔の腫れや
むくみ、賛否の分かれる整形をも
ものともしなかった堀ちえみであるが、
難病と加齢に抗ったプロの魂はファンに
届いたのであろうか?

堀ちえみが娘の保護者会の出席でお洒落を楽しむ!


堀ちえみは、高校生になる娘の
保護者会への出席の際、
自身のコーディネートを紹介した。

服とバッグを韓国製で固め、
足元はフェラガモというファッションで
あったが、彼女のアイドル時代を知る
世代と思われる一般人からは
体型他隠す事の出来ない年相応の変化を
指摘されていた。

確かに以前から薬物使用後に見られる
顔の腫れやむくみや整形後の後遺症を
心配されていた。

しかしその声をよそに、
整形により堀ちえみ本人は若返った事で
アガっていると思われるが
その若返り方は不自然との声も
少なくない。

つまりこの努力はかつてのファンが
望んでいた物ではなかったのだろう。

往年のアイドルと言われる人達に対する
一般人の切実な希望は、
イメージをある程度保ちながら
病気を克服し年相応になる事であり、
無理な若作り願望は、ある意味で
リウマチよりも厄介な難病である。

何よりもリウマチ等の難病や薬物の
後遺症と関係無く、アイドル時代と
変わりない、腫れやむくみの無い
堀ちえみの健康的な笑顔を、
往年のファンは望んでいるのだ。

スポンサード・リンク

 

まとめ


かつてのアイドル時代同様テレビで
彼女が心配されていた顔の腫れやむくみ
は、難病であるリウマチの薬の副作用に
よるものであった。

しかし難病の克服だけにとどまらず
一見誰だか判らなくなる程の整形も
決行し、違和感を指摘されてはいるが
これは難病を克服するとともに美に
こだわる、彼女なりのプロ意識による
努力の跡なのだろう。

しかし若い頃を知るファンは、何よりも
彼女の自然な姿を望んでいるのだ。

<参考サイト>
デイリースポーツ

関連記事or広告

関連記事

  1. baseball-2557928_640 イップス病!藤浪の原因は黒田への死球か?野球投手の症状とは!?
  2. shanghai-588283_640 才木浩子はバツ7で詐欺師って!?経歴や上海の会社について女社長の…
  3. 筆文字_Japan_160217_cs 2 中邑真輔がWWE王座の快挙で超人気!海外の反応とアンチの存在!
  4. amazing-736885_640 石井竜也の実家は和菓子屋で若い頃からイケメン?米米CLUB解散と…
  5. 8050fcf28a9d8a8a4dc9ebb1b8cbef42_s 梅沢富美男の子供時代と両親!女形は若い頃も現在も美しい!
  6. 52c27d47c5c9e1df656dcd018ff51c20_s 春風亭昇太の弟子の結婚条件マジ?落語の実力と演技下手すぎの評判は…
  7. heart-480367_1280 華原朋美&小室哲哉の破局理由は密会?KEIKOや仕打ちの話が怖い…
  8. c78a34b5bc7ae2cf10001d34f09b3025_s 濱田祐太郎という盲目のイケメン吉本芸人が自虐ネタでR-1決勝!ツ…

新着記事

PAGE TOP