芸能

キンコン西野が嫌われる理由!美術館の借金3億円に募金!?今回もまた炎上!!

芸能界だけでなく、会社や学校、
身近な所にも苦手だったり
生理的に受け付けない人は存在する。

そんな嫌われている人種の1人として
挙げられるのがキンコン西野さん
ではないだろうか。

今回は美術館の借金を募金で返済しよう
としているらしいのである。

嫌われる理由についても
調査してみよう。(以下敬称略)


スポンサード・リンク

 

美術館の借金を募金で返済?キンコン西野の嫌われる理由は?


キンコン西野と言えば、
はねるのトびらで人気が爆発し、
気づいたら絵本作家になっていた
という人も多いのではないだろうか。

そんなキンコン西野が美術館の為に
借金し、募金を
募っているらしいのである。

だが、
キンコン西野と言えば、
何かする度に炎上する程、
アンチが多いのだ。

嫌われる理由についても
調査してみよう。

キンコン西野が美術館設立で借金3億円!?


まず、
キンコン西野が3億円という
大きな借金をした事はご存じだろうか?

借金の理由は、
体験型の美術館を作ってみようか?
という感じの
軽いノリから始まった様だ。

美術館を作る為に、
借金をするのも良いだろう。

その際、
募金を呼びかけるのも、まぁ、
納得の範疇と考えてもいい。

今回、キンコン西野が嫌われる理由は、
自分のブログに一言余計な事を
書いてしまったから
ではないだろうか。

キンコン西野に募金!?


恐らく、美術館を作ると決めた、
仲間内での事であれば、
借金にしろ、募金にしろ、
キンコン西野という人となりを
知っている人であれば
「おもしろい」
で済んだ可能性もあるだろう。

だが、
事あるごとに炎上しており、
今回も美術館を建てる為に借金をし、
その挙句、ミゴロシにするのか?

と言われてしまうと、何やら、
モヤモヤとしたものが
胸の奥に出てくる人も
いるのではないだろうか。

勿論、
キンコン西野が友達や身内ならば、
少しの募金くらいならしてみようと
思う人もいると思うのだが、
あまり知らない人にすれば
かなりの壁があるのだ。

今回のキンコン西野の嫌われる理由は
そこではないだろうか。

恐らく、今までの芸能活動の中でも、
今回の様な嫌われる理由が
存在したのだろう。

炎上しやすい芸能人という分類は、
様々な嫌われる理由があると思うのだが
キンコン西野が嫌われる理由を
もう少し追及してみよう。


スポンサード・リンク

 

キンコン西野の嫌われる理由!世間の反応は?


前章では、
キンコン西野が美術館を設立する為の
借金を募金で賄おうとしている事に
ついて説明させていただいた。

キンコン西野が今回の騒動で
嫌われる理由も
少し触れてみたのである。

だが、ここで、
キンコン西野が嫌われる理由について、
少し考えてみて欲しい。

気付いた人もいるかもしれないが、
今回の美術館借金返済を募金返済炎上に
ついては、中身を知ってから
嫌になっている人が多いのだ。

即ち、
キンコン西野に関する事をなぜか
見てしまうという不思議な吸引力が
キンコン西野には
あるのではないだろうか。

嫌なのに、キンコン西野の中身を
知ってしまい、更に嫌になるという
負のサイクルなのだ。

嫌いならば、情報をシャットアウト
すれば良いのに、なぜか、
気になって見てしまうという魅力が
キンコン西野にあるというのが
嫌われる理由となっている。


スポンサード・リンク

 

まとめ


そんなキンコン西野だが、
絵や絵本のストーリーについては、
特に嫌われてはいない様であった。

また、
オンラインサロンが存在している
という事は、キンコン西野のファンも
確実に存在しているのだ。

見たら嫌になるのに、
気になってしまうという魅力を持つ
キンコン西野だが、
借金は返済できるのだろうか?

今後の続報に注目しよう。

HARU

<参考サイト>
西野亮廣ブログ
SANSPO.COM
Twitter、他


関連記事or広告





関連記事

  1. 桂歌丸の病気!肺炎の原因は酸素の吸い過ぎ!?ガセ死去ニュースまで…
  2. カープ津田恒実を過大評価!は過小評価!!ドラマは録って要永久保存…
  3. 小平奈緒と相澤病院の契約理由や結婚!500m記録は自転車でも!な…
  4. 平野歩夢の二重整形疑惑と彼女!大学や兄弟もチェック!ソチに続き平…
  5. 清宮幸太郎は評価しすぎ?下手な守備力と2017年ホームラン数!
  6. 吉田沙保里アルソック退社理由はCMか父の死因か?職業レスラーから…
  7. コロッケものまねは 面白くないだとっ!?レストラン失敗も コンサ…
  8. 三田佳子は児玉誉士夫の極妻!?デヴィ夫人も絡む日本政財界フィクサ…

新着記事

PAGE TOP