News

空中浮遊失敗?麻原彰晃が絞首刑【オウム真理教】人間が浮く種明かし!

スポンサード・リンク

オウム真理教の教祖 松本智津夫。

別名 麻原彰晃が刑の執行を受けた。

日本での刑の執行は、絞首刑だ。

ここで人々から麻原彰晃の空中浮遊を
使って、絞首刑を逃れなかったのかと
面白がった声が上がっている。

人間離れした技
空中浮遊は本物だったのか。

その種明かしをしてみよう。

 

麻原彰晃が空中浮遊に失敗 人間離れした技の種明かし

 


麻原彰晃は、オウム真理教の教祖だ。

オウム真理教の教祖でありながら
23年前に地下鉄サリン事件を起こした。

日本史上最大の凶悪テロと言われた
地下鉄サリン事件。

23年の時を経て、麻原彰晃を
はじめとする犯人たちは刑が執行された。

麻原彰晃は、オウム真理教で
空中浮遊という得意技を披露していた。

座禅を組んで、空中浮遊すると言う
人間離れした技に信者は魅了された。

今回、話題となっているのは日本の
刑の執行法である絞首刑を受けた
麻原彰晃は、その得意技空中浮遊で
絞首刑を逃れたのではないかという説だ。

空中浮遊の映像などは公開されておらず
今見られるのは写真だけである。

確かに空中浮遊しているように見える
その写真は人間であれば出来ない
離れ技なのである。

しかし、これは種明かしもされている。

その種明かしに加えて、刑の執行が
滞りなく行われた事により
種明かしの裏付けをしたとも言える。

次では、この絞首刑脱出失敗を巡っての
人々の反応などを見て行こう。

麻原彰晃は普通の人間 空中浮遊失敗に世間の反応や種明かしも


麻原彰晃の得意技である空中浮遊は
種明かしをされてはいるものの
その真偽は麻原彰晃にしか分からない。

刑の執行をされた麻原彰晃は
絞首刑を空中浮遊で避けられなかった。

やはり麻原彰晃も人間だったのだ。

これにより、種明かしをしていた人々の
種明かしをした説が正しかった事が伺える。

これに対して世間の反応は以下の通りだ。

麻原彰晃の人間離れした技
空中浮遊を信じていたのは
恐らくオウム真理教の信者だけだろう。

この絞首刑を逃れられなかった事が
一番の空中浮遊の種明かしとなっている。

次では、麻原彰晃の人間離れした技
空中浮遊に関する種明かしの
全容を見てみよう。

スポンサード・リンク

 

オウム真理教 麻原彰晃が絞首刑

 


1995年に起きた地下鉄サリン事件。

この主犯オウム真理教の麻原彰晃らが
絞首刑を受けた。

麻原彰晃は、人間離れした技
空中浮遊で絞首刑を逃れる事はできなかった。

オウム真理教へ入信した多くの人は
この空中浮遊を信じて入信している。

しかし、この空中浮遊に異を唱え
種明かしをした人も沢山いた。

中でも、オウム真理教の元幹部だった
上祐史浩さんが麻原彰晃の空中浮遊を
ヤラセだと暴露している事が
一番の裏付けになっているのではないか。

種明かしをする人は
座禅を組んだままでジャンプしたところを
写真で撮影したものだと言う。

空中浮遊の写真についての種明かしは
ジャンプの高さ、姿勢の良さで
表現していると言われる。

この種明かしを知らずにオウム真理教に
入信した信者が数多く居ることから
人間離れした様に見えるこの写真の
影響力は大きかった事が分かる。

しかし、この絞首刑で空中浮遊は
ヤラセだったと裏付けられた。

次では、麻原彰晃の絞首刑に対する
世間の反応を見て行こう。

麻原彰晃が絞首刑 世間の反応は


オウム真理教の教祖だった麻原彰晃が
絞首刑を受けた事についての
世間の反応を見てみよう。

凶悪テロの犯人とだけあって
今回の絞首刑に対する世間の反応は
一様に肯定的だ。

平成7年に起きたオウム真理教による
地下鉄サリン事件を平成の内に完結させた。

麻原彰晃が設立したオウム真理教は
今もなお存在し続けるが
絞首刑により元教祖 麻原彰晃が
亡くなった事で
間違えた信仰を深めないでいただきたい。

スポンサード・リンク

 

まとめ

 


今回はオウム真理教 麻原彰晃が
絞首刑を受けた事による
世間の様々な反応を調べてみた。

空中浮遊が出来ると崇められていた
麻原彰晃は絞首刑でその人生に幕を閉じた。

信じられない説ではあったが
やはりヤラセだった事が判明した。

23年という長い年月を経て
凶悪犯が刑を受けたことは
間違いなく日本の平和に繋がる。

373

<参考サイト>
産経ニュース
Twitter
まとめいく

関連記事or広告

松本智津夫【麻原彰晃】の生い立ちと家族!親や子供達の現在は?

オウム真理教の事件まとめ!黒幕説や芸能人信者の一覧表など簡潔にまとめました!

関連記事

  1. 白タク解禁いつから?気になる料金表!中国人客乗せ逮捕も利用者に罰…
  2. 尖閣諸島問題の現状をわかりやすく説明!中国主張の根拠と歴史の事実…
  3. 最強の日米同盟!トランプ政権による今後と海外の反応は?
  4. 麻生太郎の総理大臣時代!期間と辞めた理由は?マフィアファッション…
  5. 拉致問題どうでもいい!40年で風化?トランプの安倍晋三への約束は…
  6. 日本の好感度!韓国中国は低っw【対日好感度】世界ランキング
  7. 時短ハラスメントとは?事例と対策や相談先!あなたは大丈夫!?
  8. アメリカ産牛肉のホルモン剤!危険性と安全性ホントのトコロは?

新着記事

PAGE TOP