News

松本智津夫【麻原彰晃】四女の現在!遺骨と散骨と予告で命の危機?わかりやすくマトメ。

スポンサード・リンク

先日、死刑が執行された
松本智津夫元死刑囚だが、現在、
遺骨の引き取りなどで騒動になっている
のはご存じだろう。

遺体は既に火葬が済んでおり
引き取りに指名されたと言われる
四女や、命を奪うと予告された弁護士
など、穏やかではない話ではないか。

遺骨は散骨するという話も出ているが、
詳細を調べてみよう。
(以下敬称略)

 

松本智津夫元死刑囚の執行後の現在!四女が遺骨散骨に命を奪う予告ってどういう事?

 


松本智津夫死刑囚に刑が執行されたのは
ご存じの通りである。

現在、
その遺骨の引き取りで
騒動が起きているのだ。

遺骨の引き取り手は四女と本人が
指名したのは報道でも知る所だろう。

四女とその弁護人は散骨すると
発表しているが、そこに
命を奪うと予告が来たというのだ。

まずは、
分かっている事をまとめてみよう。

松本智津夫元死刑囚の遺骨の引き取りは四女?


松本智津夫元死刑囚の刑執行の前に
東京拘置所の職員が本人に尋ねた際に、
遺骨や遺品の引き取り手は
四女と答えたのは、
ご存じの方も多いだろう。

松本智津夫元死刑囚には
6人の子供がおり(2男4女)
誰が遺骨を引き取るか
問題視されていたのだ。

現在、騒がれている原因って何?


問題視されていた、
松本智津夫元死刑囚の
遺骨の引き取り手だが、現在、
四女が引き取る事に決まったのだが、
なぜ騒がれているのだろうか。

なぜなら、現在でも、
松本智津夫元死刑囚の子供や妻が
存在しており、
遺骨を引き取りたいと思っているのだ。

また、
四女に遺骨の引き取り手が決まった
と言っても、裁判で争う事になれば、
四女が指名されたという証拠を
提示しなければならなくなるのである。

その為、
松本智津夫元死刑囚の刑が執行された
現在でも、遺骨を巡って騒動が
起きているという事になるのだ。

どうして松本智津夫元死刑囚の遺骨を散骨すると命を奪う予告がくるの?


さて、
四女の弁護人にSNSで
命を奪うと予告があったのは報道などで
ご存じの人も多いだろう。

なぜ、
そんな不吉な予告が
きてしまったのだろうか。

実は、
四女は松本智津夫元死刑囚の遺骨を
海に散骨したいのである。

元々、松本智津夫元死刑囚の刑が
延期されていた理由の1つに
刑を執行する事で
神格化される事を懸念していたのだ。

宗教団体の教祖ともなれば、
遺骨の安置場所であっても聖なる場所へ
と変わる危険性がある。

その為の遺骨を海へ散骨といった手段に
なるのだと思うが、そこへ
危険な予告が飛び込んできたのだ。

では、
松本智津夫元死刑囚の遺骨を散骨される
と困る人物、更に、
弁護人に命を奪うと予告を出した人物は
一体、誰になるのだろうか。

スポンサード・リンク

 

四女に松本智津夫元死刑囚の遺骨を散骨されると嫌なのは誰?

 


松本智津夫元死刑囚の遺骨を
海へ散骨するという趣旨から
四女の弁護人に命を奪うと
予告が来たのは
前章で説明されて頂いた。

では、現在、
松本智津夫元死刑囚の遺骨を散骨されると
困るのは一体、誰になるのだろうか?

遺骨の引き取り手が
四女とされた現在でも、
松本智津夫元死刑囚の遺骨を巡って
騒動が起きているのである。

松本智津夫元死刑囚が教祖であった
宗教団体の活動を知る人々からは、
不安の声が多いようだ。

スポンサード・リンク

 

まとめ

 


刑が執行されたという事で、騒動になり
遺骨の引き取りを巡っても騒動となった
松本智津夫元死刑囚。

四女は
松本智津夫として亡くなったと
信者に伝える
とコメントを残したという事である。

HARU

<参考サイト>
LivedoorNEWS
JIJI.COM
AbemaTIMES、他

関連記事or広告

福山市熊野町のため池「小池」が決壊寸前?土砂崩れや浸水など災害に警戒!

峯田和伸はかつらで歯が汚い上に障害アリ!?噂の真相とギター技術や人柄などを調査!

関連記事

  1. 中高年引きこもりの原因と実態がヤバい!生活保護必須の未来予想図!…
  2. 韓国の火病(ファビョン)と原因とは?韓国人特有で日本人は罹らない…
  3. 韓国を国連軍司令部が安保理制裁違反で呼び出し!韓国側の反応は?
  4. 高等教育無償化の問題点とは?【自民党】所得制限や賛成反対の主張を…
  5. カジノ法案!パチンコの将来とその内容とは【わかりやすく説明】
  6. ゴーン会長逮捕は日本人の陰謀【フランス紙】理由と内部告発について…
  7. 佃弘巳・前伊東市長の経歴!犯罪と暴力団と収賄で逮捕!?
  8. 西成あいりん地区は危険?治安の歴史と出身芸能人が最強なワケ!

新着記事

PAGE TOP