News

ダブル台風2018の危険な影響と進路!大雨は上陸前から警戒が必要!

今、まさにダブル台風が日本を
襲っている。

2018年は特に台風が多いが、ここまで
似たような進路を辿り、危険を及ぼす
可能性が高い台風も珍しいだろう。

今後の進路や日本への影響が気になる!

また、文章後半では大雨対策のために
私たちができることも紹介する。

スポンサード・リンク

 

ダブル台風2018!今後の進路が気になる


2018年は台風の発生が多く、例年より
ペースも早いことから「当たり年」と
言われている。

しかし、2018年は歴史的な被害が出た
西日本豪雨があった年でもあり、
今の日本にとって危険なほどの大雨は
歓迎されたものではない。

そんな中でも容赦なく発生したダブル台風。

進路によっては西日本に再び影響が出る
ことも危険視されている。

ダブル台風2018の現在の進路は
どうなっているのだろうか?

また、文章後半では、今後予想される
ダブル台風の影響や、私たちにできる
大雨対策もまとめてみた。

日本列島ダブルパンチ!台風19号、20号の進路は!?


まずは、ダブル台風2018の現在の勢力と
進路についてまとめてみよう。

ghfuiageui
出典:ウェザーニュース

台風19号は、現在
【中心気圧950hPa、最大瞬間風速60m】
と非常に強い勢力となっている。

鹿児島県・奄美大島の北を抜けて、
九州の西側を北西に進んでおり、
その後北東に進路を変えながら
北上を続ける進路を辿りそうだ。

九州・奄美地方では引き続き
暴風・高波・大雨に注意が必要
である。

関連記事:
大雨警報は何ミリから?発令と解除の基準

一方台風20号は、現在
【中心気圧965hPa、最大瞬間風速55m】
で、今後更に勢いを増すと見られている。

現在小笠原近海を北西に進んでおり、
速度と勢力を増しながら四国に接近中だ。

このまま行くと、23日午後から24日に
かけて紀伊半島か四国に上陸する
と見られている。

更にその後は、中国地方を通り北東に
進路を変えて北上する見込みのため、
日本列島は数日間に渡ってダブル台風
に覆われることになる。

2018年は、発生数だけでなく直撃数と
しても記録的な「台風年」と記憶に
刻まれることになりそうだ。

次では、このダブル台風によって具体的に
懸念されている影響や、私たちでも出来る
大雨対策について話していく。

関連記事:
台風で学校や仕事が休みになる基準は?

スポンサード・リンク

 

ダブル台風は想像より危険!?日本への影響と私たちにデキること


ダブル台風は、予想通り日本に影響を
与える進路を辿っているが、今回
ダブル台風がここまで危険視されている
のは、台風20号が西日本豪雨に匹敵する
ほどの大雨になるのではないか?
と予想されているからだ。

その証拠に、今回のダブル台風の総雨量は
東海や中国地方で1000ミリを超えるとの
見立ても出ている。

日本の平均年間降水量は1718ミリ。

そう考えると、いかに多くの雨が降るかが
おわかり頂けるだろう。

特に中国地方は今年7月の西日本豪雨で
多くの被害が出た地域でもあり、台風の
影響による二次被害も心配される。

この章では、危険視されているダブル台風
の今後の影響と、今私たちに出来る
大雨対策についてまとめよう。

関連記事:
台風で学校や仕事が休みになる基準は?

台風20号は西日本豪雨並!?今後の影響について


先ほども記載したが、台風20号は今後
西日本豪雨に匹敵する勢力に成長する
のではないかと危険視されている。

奄美地方では、台風19号でさえ飛行機が
止まったが、台風20号が近づくにあたって
そのような交通機関への影響が
相次ぎそうだ。

特に23日は危険視されている地域が多く
中部・東海・関西・近畿の空港では
「影響大」との予測が出されている。

その他、鉄道や高速道路でも23日を中心に
運転見合わせや交通止めなどの影響が出る
と予測されている。

また、今年の台風20号は、勢力・進路ともに
2015年の台風11号と非常によく似たケース
だと言われている。

当時は、台風と高気圧の間を南風が吹いた
ことで、中心付近だけではなく台風東側の
関東地方にも広く大雨が降った
と記録されている。

今回もその構図は同じであるため、
台風から少し離れた関東地方にも大雨の
影響が出るのではないかと見られている。

つまり、少し離れていても油断はできない
という事だ。

今回のダブル台風は、日本列島で広く
大雨対策をする必要があるかもしれない。

関連記事:
帰宅命令の基準とは?どこが出すの?

大雨対策で私たちができること


ここから先は、台風の大雨対策として
私たちが出来ることについてまとめよう。

国や地方自治体では、崖崩れ防止や
川の氾濫防止のために様々な工事や整備を
行っているが、台風の威力がそれを
上回ってしまえば、ハード面の整備は
意味がなくなってしまう。

一番重要なのは、私たち個人個人の意識と
対策だと言えるだろう。

まず大切なのは情報収集だ。

基本的なことだが、「大雨洪水警報」や
「土砂災害警戒情報」を聞き逃さず、
すぐに避難できる状況をつくっておくこと
が大切だ。

今は、気象庁のウェブサイトに行くと
「危険度分布」が公表されており、
自身の居住地がどんな状況なのかを確認
することも出来る。

更に身近な対策としては以下の通りだ。

●窓や雨戸の施錠と補強
●側溝や排水溝等の掃除
(水はけを良くするため)
●風で飛ばされそうなものの固定や格納

雨風が強くなって以降に屋外で作業する
のは非常に危険だ。

台風が上陸する前に済ませておくこと
をおすすめする。

また、室内での安全対策や避難準備
も大切だ。

●飛散防止フィルムを窓ガラスに張る
●非常持ち出し品の点検や避難場所の確認

結果的に避難することは無かったとしても
大雨の影響を受ける可能性がある限りは
念の為に対策しておきたい。

スポンサード・リンク

 

まとめ


ダブル台風の影響で大雨が続きそうな
日本列島。

西日本豪雨の二次被害も心配されているが
あのような豪雨災害が発生したからこそ、
大雨に恐怖や危機感を覚える人が増えた
ことは事実である。

これでもかと日本人の危機感を煽ってくる
今年の台風だが、そういった意味では
私たちの防災意識を高めるきっかけに
なっているとも言えるかもしれない。

miya

<参考サイト>
livedoor news
ウェザーニュース
政府広報オンライン

関連記事or広告

関連記事

  1. 高度2000km高さは宇宙空間?北朝鮮弾道ミサイル発射!稲田朋美…
  2. 三島由紀夫事件とは?切腹理由や場所など分かりやすく説明で浮かび上…
  3. 台風13号2018が東京直撃!?サンサンの進路予想図と被害予想!…
  4. 安田純平の過去の発言と自己責任論について!
  5. ピューディパイのYouTube年収と彼女との私生活が気になる!【…
  6. 新聞社の社説の特徴を比較!偏向報道はドコがドーなの!?
  7. 尖閣諸島問題の現状をわかりやすく説明!中国主張の根拠と歴史の事実…
  8. 米朝首脳会談は失敗も成功も日本に戦争リスク?シンガポール開催が有…

新着記事

PAGE TOP