自動車

自動運転車の実用化はいつ?値段の予想やメリットデメリットを調査!!

スポンサード・リンク

自動運転車が全て管理し、
目的地まで到着できる近未来を
想像した事がある人も
いるのではないでしょうか。

一体、いつ実用化し、
おいくらほどの値段なのか気になる人も
多いと思います。

今回はそんな疑問と
メリットやデメリットについて
調査してみましょう。

 

いつ実用化?自動運転車の値段やメリット・デメリット!


映画やアニメではよく
自動運転車が描かれていますが、
現実に実用化されるとなるといつなのか
気になってきますよね。

また、
実装されても値段が高ければ、
手に入らないし、
メリットやデメリットも知っておく
必要があるのではないでしょうか。

今回は
自動運転車について調査してみます。

自動運転車の実用化はいつ?


長距離運転や初心者運転時に
自動運転車があれば、
疲労や緊張が少なくなり、
車移動でしんどい思いをする事が
なくなるのはうれしい事ですね。

そこで、自動運転車と言えば、
人が何もしなくても目的地まで
運転してくれる車を想像しますか?

それとも、
自動ブレーキシステムが備わっていれば
自動運転車と言えるでしょうか?

自動運転車は色々な捉え方がある為、
アメリカで定められた
レベル1~レベル5を
使用する事が多くなっています。

日本では、
2030年代に自動運転車(レベル4)
の実用化を目指していましたが、
現在では2020年の
オリンピックイヤーでの
実用化へと前倒しになりました。

最近では、
自動運転車を使ったタクシーの試乗など
もあり、いつの間にか
自動運転車が実用化されている!
という事があるかもしれませんね。

参考動画:

▶日本経済新聞・YouTube公式ch

自動運転車のメリット・デメリット


いつ実用化されてもおかしくない
自動運転車ですが、
メリットやデメリットも気になります。

デメリットとしては、

〇事故が発生した際、
人による過失なのかシステムの欠陥
なのか分かりづらい
〇自動運転車が使用出来なくなった時の
人による運転技能の低下
〇ハッカーやテロなどによる
自動運転車の悪用
〇天候による自動運転車システムの
判断ミスによる事故

など、デメリットとして
挙げられるのではないでしょうか。

メリットはデメリット以上にあり

〇運転の為の疲労軽減
〇事故や渋滞の減少
〇環境への配慮
〇身体が不自由な人の移動手段
〇車や駐車場の所持が必要なくなる

など、
思いついただけでも
これほどのメリットが存在します。

自動運転車の値段はいくら?


メリットやデメリットがわかると、
是非、手にしてみたい
と思う人も多いでしょう。

自動運転車の値段は
おいくらなのでしょうか。

国産車で自動運転車は現在、
レベル2までしか実用化されていない
事が残念ですが、
気になる値段を調査してみましょう。

値段は購入時や
方法によって変わります。

トヨタで言えば
ITS Connect
Toyota Safety sense
などとなります。

ITS Connectは、クルマのセンサーでは捉えきれない見通し外の情報や信号等の情報を、道路とクルマ、あるいはクルマ同士が直接通信し、ドライバーに知らせることで安全運転を支援するシステムです。
引用:LEXUS ‐ ITS CONNECT|TECHNOLOGY

Toyota Safety Sense(トヨタ・セーフティ・センス)は、トヨタ自動車の予防安全パッケージである。なお、ブレーキとアクセルの踏み間違え事故防止機能はトヨタではインテリジェントクリアランスソナーと呼称され、本パッケージには含まれない。
引用:Wikipedia

ですが、これらは安全運転補助の
ためのシステムであり、まだまだ
自動運転車と呼べるレベルでは
ないと感じます。

自動運転車の開発において
AIや、センサーの技術は、
非常に高いレベルのクオリティを
求められています。

「プリクラッシュセーフティシステム」
という自動ブレーキの値段が数万円
という所から推測すると、
車両の値段に数百万円も上乗せされた
価格設定になると思われます。

もちろん、その後、普及して行けば
手頃な値段の車種も出てくるでしょう。

スポンサード・リンク

 

いつ実用化?自動車運転のメリット・デメリット!


さて、
自動運転車がいつ実用化するのか、
メリットやデメリットについて
前章では説明させて頂きました。

現在でも、
レベル2程度の自動運転車は
販売されており、値段も
新車や中古車で異なるものの手が出ない
値段ではない事が判明しました。

自動運転車に対して、賛成派、反対派、
色々な意見があり、
皆さんの関心が高かったです。

スポンサード・リンク

 

まとめ


自動車運転の実用化ですが、
全車自動運転車というのは、
まだ先の様です。

先に浸透しているETCですら、
全車普及という事態には
なっていません。

しかし、
自動運転車は既に周知されており、
遠くない未来、
自動運転車が活躍する事を想像すると
楽しみになってきますね。

HARU

<参考サイト>
日本經濟新聞
毎日新聞
ベストカーWeb、他

関連記事or広告

関連記事

  1. トヨタ・ランドクルーザープラドの最大値引き額口コミと相場2018…
  2. SUV人気の理由!なぜ女性にも?人気車種ランキングと口コミもチェ…
  3. SUV外車の人気ランキング2018!高級SUVとコンパクトSUV…
  4. 浜田雅功の愛車遍歴!現在はクライスラーでナンバーは人志!?
  5. ミラーレス車レクサスES発売!意味ある?評判とメリットデメリット…
  6. ビートたけしの車愛!1億2億当たり前!CM出演や破壊・車庫入れも…
  7. トヨタC-HRのおすすめオプション!サンルーフやカーナビ、ウィン…
  8. ハリアーのフルモデルチェンジは2019年!?時期の予想と購入価格…

新着記事

PAGE TOP