News

安田純平が救出後に日本政府をTwitterで批判ツイートマジか!?自己責任果たせないまま

先日シリアで拘束されていた
安田純平さんが解放されました。

日本政府救出に乗り出した結果
無事に日本に帰国したのですが
どうやらその後の安田純平さんの
Twitterでの発言が物議を醸しています。

なんと自己責任で渡航した末に
拘束された身でありながら
Twitterで批判をしていたということ。

どういうことなのでしょうか。

詳しく調べてみました。

(以下、敬称略)


スポンサード・リンク

 

安田純平がTwitterで日本政府を批判?


安田純平の身柄を無事に救出した
日本政府。

安田純平の家族もテレビに出演し
無事に救出されたことを喜ぶ
様子などが報じられています。

しかし、一方で過去のTwitterでの
発言に日本政府を批判することが
あった安田純平。

ネットやTwitterではそんな彼の
日本政府批判に対して厳しい反応が
見られます。

自己責任で渡航し、自己責任を果たせぬまま
救出され帰国することになった安田純平。

彼の過去の日本政府批判を
詳しく見て行きましょう。

関連記事:
安田純平さんパスポートは韓国人ウマル?

安田純平のTwitter


シリアで武装勢力に拘束されていた
安田純平が解放され帰国しました。

これは、日本政府による救出でしたが
どうやらその日本政府に対して
安田純平は批判的なコメントを
過去にTwitterでしていたようです。

日本政府への批判はTwitterで
発言されており、その辛辣なコメントに
Twitterなどで様々な意見が
飛び交っています。

安田純平の過去のTwitterでの
日本政府批判を見てみましょう。

なんと日本政府をチキン国家と
批判しているのです。

発言の自由があるとは言え
日本政府を批判するこのTwitterには
少し安田純平の人間性を疑ってしまいます。

他にも問題のTwitterがありました。

次では、安田純平のTwitterでの
発言をさらに見て行きましょう。

関連記事:
安田純平と後藤健二の違いと自己責任論!

 


スポンサード・リンク

 

安田純平自己責任だったのに救出


安田純平がTwitterで日本政府を
批判していたことは先に述べた通りです。

救出されたことは本当に喜ばしい
ことなのですが、どうも
引っかかります。

今回の救出は日本政府なくしては
実現できなかったもので
安田純平も過去のTwitterでの発言や態度を
悔いているのではないでしょうか。

しかし調べてみるとTwitterでの
日本政府批判は先ほどの一件に
留まらず自己責任を盾にした
強い口調のものもありました。

次では、安田純平の自己責任を前提とした
Twitterでの発言を見て行きましょう。

関連記事:
安田純平の身代金はどうなった?

安田純平の「自己責任」はどこへ?


フリージャーナリストとして渡航し
武装勢力に拘束されていた
安田純平は無事に救出されました。

しかし、この救出を予想だにしていなかった
三年前には日本政府を批判
するなどしていた安田純平。

日本政府を批判するTwitterはほかにもあり
それには「自己責任」という言葉が
しきりに使用されています。

このように「自己責任」という大義名分を
振りかざしていた安田純平。

その勢いは救出された今もまだ
あるのでしょうか。

自己責任で渡航した末に拘束され
挙句の果てに批判していた
日本政府に救出されるという身勝手さ。

自己責任を果たせぬまま帰国することに
なった安田純平は今回の救出を最後に
渡航することはないのではないでしょうか。

関連記事:
安田純平は韓国人?千羽鶴の折り鶴が星型折り紙

 

安田純平の過去の発言で自己責任論

 


スポンサード・リンク

 

まとめ


今回はシリアで拘束されていた
安田純平について調べてみました。

フリージャーナリストとして
渡航し、拘束された年月は3年と
短くはありません。

無事に日本に帰国はできましたが
今後の国民からの批判なども
待ち受けている状況。

まずは身の無事を一番に喜び
今後のジャーナリズムについて
考えていく時に来ているのかも
しれません。

373

<参考サイト>
Twitter
ニコニコニュース


関連記事or広告





安田純平の身代金はどうなった?総額はどこから?

根尾昂の両親は病院経営!兄弟と姉もすごい医療家族!幼少期から天才だったって!?

関連記事

  1. 死後離婚急増!相続権の請求や放棄と遺族年金はもらえるのか?わかり…
  2. トランプ大統領来日日程と交通規制!空港とホテルやゴルフ場を確認!…
  3. アメリカファースト【トランプ大統領】の意味と為替!都民ファースト…
  4. 健康格差?日本の問題点と事例から庶民の対応を考えよう!
  5. ICU国際基督教大学の評判!【小室圭】偏差値も学費も高く英語でき…
  6. 日米首脳会談トランプ来日!北朝鮮や経済など内容と海外の反応!!
  7. 安倍首相が韓国無視!見捨てるか制裁か?韓国の反応は被害妄想!?【…
  8. イギリスのテロで警戒レベルMAX!犯人の国籍や2017の危険性!…

新着記事

PAGE TOP