News

慰安婦財団解散とは?10億円と返金と海外の反応をわかりやすく説明します!

スポンサード・リンク

不可逆的な解決をしたのに係わらず、
慰安婦財団解散する事が
発表されました。

この発表とはどんな意味を持つことに
なるのかご存じでしょうか。

また、
日本が韓国に支払った10億円返金
海外の反応についても調査し、
わかりやすく説明します。

 

 

 10億円が返金?慰安婦財団解散と海外の反応とは?

 


2015年に不可逆的な解決として
同意した慰安婦問題は
皆さんご存じだと思います。

朴槿恵前政権の時代に結ばれた合意に
よって、慰安婦財団は韓国の
元慰安婦たちのフォローを行う団体
として存在していました。

それが解散すると韓国から発表され、
同時に
10億円は返金するという事なのですが
これは不可逆的な解決をなしにする為
と言われています。

そんな慰安婦財団解散の一報に
海外の反応は
どの様になっているのでしょうか。

 慰安婦財団解散とは?


慰安婦財団とは、
韓国の元慰安婦たちへのフォローを
任せられた団体であり、
日本が出した10億円を運用し、
元慰安婦への支援事業を行う団体
という事になっています。

慰安婦財団の解散とは、
元慰安婦たちへのフォローを打ち切る
という事になりますが、
実際は元慰安婦たちの70%ほどが
支援金を受け取らなかった為、
ほぼ活動していない状態だった様です。

 慰安婦財団への10億円は返金されるの?


日本政府は慰安婦財団へ
10億円を元慰安婦への支援
という形で出資しました。

ですが、
今回の慰安婦財団の解散により、
韓国政府は日本からの10億円を
日本の返金へ予算を充てる
と決めた様です。

10億円を返金した事で、
国同士の不可逆的な決定を覆す事が
出来ると韓国は考えている様ですね。

 慰安婦財団の海外の反応が気になる!


慰安婦財団の解散を受けて、
海外の反応は如何でしょうか。

徴用工問題時にも韓国に対する
海外の反応はシビアな点も
ありましたので、
今回の慰安婦財団解散についての反応も
気になる所です。

慰安婦財団解散についての海外の反応は
様々でしたが、概ね、
韓国に対する反応は
冷ややかなものでした。

スポンサード・リンク

 

 

 慰安婦財団解散に対する海外の反応とは?

 


前章では、
朴槿恵前政権の時に慰安婦問題を
解決する為に設置された慰安婦財団が
解散と発表された件について
説明させて頂きました。

日本が出資した10億円も半分以上
使用する事がなく、
韓国から10億円の返金が予算として
組まれている事や
海外の反応は冷ややか
という事でしたね。

慰安婦財団の解散とは、
元慰安婦を支援する団体が
消滅してしまうという事になるのですが
この慰安婦財団の解散について、
韓国でも賛否両論別れている様です。

また、
慰安婦財団の解散によって10億円が
日本へ返金する為に
予算が組まれている為、
そんな事に税金を使ってほしくない
と思う人も多い状況になっています。

慰安婦財団の解散とは、
韓国では更なる元慰安婦たちへの支援を
求める為に必要という事で
行われているという事ですが・・・。

慰安婦財団の解散は市民団体が主として
行っているという事なのですが
不可逆的な決定ということは
ご存じないのでしょうか。

また、
10億円の返金も韓国の予算で
充てられるのだとすれば、
既に支援金を受け取った人に対する
周囲の目も厳しいものになることは
明白なのではないか
と考えてしまいます。

海外の反応の様に、
韓国でも今回の慰安婦財団解散について
意見が違えている様です。

また、
海外の反応の中にも、
親日派や反日派があるようで、
慰安婦の訳に未だに
「Sexual slave」
と表記する記事もありました。

スポンサード・リンク

 

 まとめ

 


今回の
慰安婦財団の解散についてですが
2015年に解決している問題ですので
筆者としては、日本の手を離れ、
韓国内の問題なのではないか
と考えてしまいます。

色々な人の考えがあるとは思いますが、
前に進む事ができる意見を
韓国政府が出してくれる事に
期待ですね。

HARU

<参考サイト>
JIJI.COM
テレ朝news
讀賣新聞、他

関連記事or広告

日産の内部告発で逮捕!カルロス・ゴーンの資産は!?

小栗旬の刑事ドラマ【東京DOGS】の動画全話を無料視聴!pandoraとdailymotionやYouTubeも確認!

関連記事

  1. 天才ホーキング博士の100年後の予言とは?AIと人類滅亡に警告!…
  2. 中国の人工衛星が2018年日本に落下だと!?天宮1号が制御不能に…
  3. 韓国が低空威嚇飛行といちゃもん再び!理由と証拠と海外の反応!【う…
  4. GSOMIA協定とは何?期限ぎれで破棄?わかりやすく説明します。…
  5. 煽り運転で逮捕!対策や通報の方法は?仕返し急ブレーキは危険!ドラ…
  6. さだまさしが購入した島の場所!多額の借金返済までして印税や年収っ…
  7. 上級国民の無罪特権は法律か忖度か?未だ逮捕されない呆れたシステム…
  8. 富岡八幡宮事件と富岡長子!神社本庁や宮司の跡目相続などわかりやす…

新着記事

PAGE TOP