News

レーダー照射のもつ意味とロックオンとの違い!韓国軍が自衛隊哨戒機へ!?

スポンサード・リンク

日韓の未来が危ぶまれています。

海上自衛隊哨戒機韓国軍の艦艇から
レーダー照射されていた事が
判明しました。

レーザー照射の意味
ロックオンの意味とは違い
かなり危険ゾーンに突入している
という事です。

詳しく調査してみましょう。

 

 

 韓国軍が自衛隊哨戒機にレーダー照射?ロックオンとの意味の違い!

 


色々な問題の為、
日韓間が冷え込んでいる昨今ですが、
更に、
冷え込むような事態が発覚しました。

韓国軍が日本の自衛隊哨戒機に対し、
レーダー照射を行っていた
というのです。

この行為が果たして
どんな意味を持つのでしょうか。

また、
ロックオンとの違いについても
調査してみましょう。

 韓国軍が自衛隊哨戒機にレーダー照射って?


韓国軍の艦艇が自衛隊哨戒機に対して
レーダー照射した事を
防衛庁が発表しました。

レーダー照射は、
レーダー照射された側がはっきりと
認識する事が出来る行為です。

韓国軍が自衛隊哨戒機にレーダー照射行為を
しているとわからせる為
行ったとしたら、
含まれている意味は
一体どんな意味があるのでしょうか。

 レーダー照射とロックオンの違いは?


レーダー照射と言われても、
身近で聞く言葉ではないので、
どんな意味があるのか
わからない人も多いのでは
ないでしょうか。

よく耳にするロックオンと違いは
あるのか、調べてみました。

簡単に説明すると
ロックオンは敵を補足し続ける事であり
レーダー照射は
引き金を引くために敵にレーダーを
当て続ける事
と言えば違いはわかるでしょうか。

仮に、
戦場であればレーダー照射をすれば、
危険性が高い為、
撃たれる可能性があります。

 レーダー照射行為の意味は??


ロックオンより1つ上の段階である
レーダー照射を
なぜ韓国軍は行ったのでしょうか。

5年ほど前に中国海軍が
海上自衛隊護衛艦に対して
レーダー照射を行った事件が
ありましたが、この行為は
戦争一歩手前
と一部では言われている様です。

言い換えれば、韓国軍が今回、
自衛隊哨戒機に行った行為は
戦争一歩手前と捉えても
不思議ではない行為
という事になります。

果して、
今回の行動はどんな意味を
持っていたのでしょうか。

スポンサード・リンク

 

 

 韓国軍が行った自衛隊哨戒機へのレーダー照射の意味とは

 


前章では、
韓国軍が自衛隊哨戒機にレーダー照射を
行ったという事を
説明させて頂きました。

レーダー照射とロックオンの
違いについても前述した通り、
ロックオンよりもレーダー照射の方が
危険度が高いという違いがあります。

映画やアニメなどでロックオンという
単語が良く使われている為、
レーダー照射との違いが
よくわからない人も多いかと思いますが
ロックオンとレーダー照射の違いも
分かっていただけたと思います。

ロックオンと違いレーダー照射は
相手にもわかってしまう行為であるのに
韓国軍が自衛隊哨戒機に
レーダー照射を行った意味は、
どんな意味があるのでしょうか。

ツイッター上では、今回、
行われた韓国軍が自衛隊哨戒機に
レーダー照射した事を色々な方面から
アプローチしていますが、やはり、
韓国に対していい感情はない様です。

スポンサード・リンク

 

 まとめ

 


今回、
韓国軍が行ったレーダー照射ですが、
韓国政府の主導の基に
行った行為なのでしょうか。

仮にそうであっても、そうでなくても、
どちらに転んでも
問題だらけとなっています。

HARU

<参考サイト>
NHK NEWS WEB
毎日新聞
時事通信、他

関連記事or広告

南青山児童相談所の反対派女性陣の理由が!?グリーンシードという黒幕不動産?

映画【ファンタスティックビーストと魔法使いの旅】のフル動画を無料視聴!吹き替え版・字幕版をdailymotionやpandoraとYouTubeでもチェック!!

関連記事

  1. 韓国政府は頭おかしい!日本なぜ弱腰?日韓合意と解散と徴用工問題の…
  2. 大阪地震でもデマ情報ツイート!誰だよ?シマウマ脱走と京阪電車脱線…
  3. 台風12号2018逆走!?進路おかしい理由と再度変わる可能性は?…
  4. アンタッチャブル柴田の休業理由は?復活は2019THE MANZ…
  5. 京都アニメーションのパクリ作品名!火災で放送中作品への影響は?
  6. 独身税とは?ブルガリアの前例!日本の導入に賛成と反対!
  7. 古屋圭司委員長の失言と交通事故とは?派閥や経歴などもチェック!【…
  8. 吉本興業の闇営業とは?芸人一覧を発表!公認闇営業やその背景がエグ…

新着記事

PAGE TOP