News

韓国と日本が戦争したらどーなる?日本が負ける可能性も!?

昨年末から一気に
日本韓国の関係が
冷え切ったと言っても
過言ではないでしょう。

近年稀にみる、日韓間ですが、
このまま関係が悪化し戦争したらと
想像した事はないでしょうか。

仮に戦争に突入したら
どんな可能性があるのか、
調査してみましょう。


スポンサード・リンク

 

 

日本と韓国が戦争したら、どんな可能性がでてくるの?

 


昨年末から続くレーダー照射問題も、
日本が韓国に異議を申し立てても
立て板に水の状態となっています。

この様な状態が続けば、
日韓間に戦争の文字がちらつく人も
いるのではないでしょうか。

では、
仮に日本と韓国で戦争したら、
どんな可能性が出てくるのか
調べてみましょう。

日本と韓国が戦争したら出てくる可能性①


日本と韓国が戦争したら
出てくる可能性の1つとして、
日本が負ける可能性が考えられます。

世界各国の軍事力をランキング方式で
毎年発表している
グローバル・ファイヤーパワー
によると、韓国の軍事力は
日本よりランキングが
上となっています。

確かに、
戦闘機の数などは、およそ1.5倍ですし
戦車の数も3倍以上と掲載されています。

韓国は徴兵制度がある為、
戦争や争いする事に関して心構えがあり
戦争したら日本が負ける可能性も
あるでしょう。

日本と韓国が戦争したら出てくる可能性②


日本と韓国が戦争したら
出てくる可能性として、
韓国が負ける可能性も出てきます。

ご存じの人もいると思いますが、
過去の韓国の兵器は
問題があるものが多く、
実際使用するとなると
使う事をためらうものが多い様でした。

更に、
日本はイギリス首相へ朝鮮半島に
プレッシャーを与える為、
日本近海にイギリス護衛艦を配備したい
旨を伝えてあり、
フランスには
フランス軍の海上哨戒機などを
日本に派遣する事が決まっています。

そして、
アメリカとの間には
安全保障条約もある事から、
日本と韓国が戦争したら、
日本に多くの戦力が集まるのではないか
ともいわれています。

日本と韓国が戦争したら出てくる可能性③


日本と韓国が戦争したら
出てくる可能性として、
韓国の若者が韓国政府に反発する
可能性があると言われています。

韓国で20代の若者の失業率が
日本と比べると
倍以上となっている様です。

その為、
韓国の新卒予定者が来日し、
日本企業に就職面接を受けに来ている
と報道されています。

仮に日本と韓国が戦争したら、
その前の段階で韓国の若者は
韓国政府へ愛想をつかすのでは
ないでしょうか。


スポンサード・リンク

 

日本と韓国が戦争する可能性

 


前章では、
日本と韓国が戦争したらどうなるのか
について、説明しました。

日本と韓国が戦争したら、
日本と韓国、
どちらも負ける可能性がある
という事です。

レーダー照射問題も解決しておらず、
日本はこのまま韓国と協議をしても
進展が望めない為、
協議を中止する考えもある事を
示唆しています。

ツイッター上でも日本と韓国が戦争する
可能性についてつぶやいている人は
多くみられました。

中には、
平和的に解決できる可能性があると
発言する人も存在しており、
様々な意見が交換されている様です。


スポンサード・リンク

 

 

まとめ

 


今回は日本と韓国が戦争したら
どうなるのかについて
取り上げました。

戦争はどちらかの国が負けたと
言わなければ終わる事がありません。

敗戦国が決まるまで、
多くの人の命が失われると考えると、
やはり、
戦争というデメリットは
避けるべきではないでしょうか。

HARU

<参考サイト>
KYODO
Chosun Online
RUMBLE、他


関連記事or広告





映画【武士の家計簿】フル動画配信を無料視聴!あらすじや感想とキャストもチェック!!

ジムキャリーの映画【マスク】(日本語吹き替え版)フル動画配信を無料視聴!感想あらすじキャストもチェック!!

関連記事

  1. 北朝鮮が経済制裁逃れ!【国連】内容と効果や日本とアメリカの対応は…
  2. 日航機墜落事故の真相?生存者川上慶子ら7人の証言とその後と機長の…
  3. 岸田文雄外相は総理大臣になれるの?安倍晋三との関係と日本会議
  4. 南村博二は税理士で片山さつき秘書!経歴や評判をチェック!悪い人な…
  5. ギルトフリー食品とは?スイーツやスナックなどコンビニや通販で買え…
  6. 韓国不買運動の原因と実際の矛盾!芸能人BTSらも参加だと!?
  7. 広島の府中町の榎川が時間差で決壊し氾濫!時間差の理由は?ナゼ今頃…
  8. 台風20号2018年の進路予想と予想図!19号とのW台風の被害ど…

新着記事

PAGE TOP