News

韓国のビザ復活!?ビザ免除廃止すると影響は?三浦瑠麗の持論も参考!

益々、冷えきっていく日韓間ですが、
昨年の12月頃から
韓国ビザ復活について
話題に出ている様です。

現在は友好国という事でビザ免除
なっていますが、廃止すると
どんな影響がでてくるのでしょうか。

調査してみましょう。


スポンサード・リンク

 

韓国ビザ復活するとどんな影響が?ビザ免除廃止の賛否が気になる!


海外旅行に行くときなどにビザが
必要だった為、
書類を用意した覚えがある人も
いるのではないでしょうか。

友好国の場合はビザを免除し、
気軽に旅行が出来るのですが、
昨年末から韓国ビザ復活しよう
という話題があがっているようです。

仮に、
ビザ免除を廃止するとどんな影響が
出てくるのでしょうか。

韓国のビザが復活するの?


ビザは、
海外の国へ入国する時に
入国許可証となる大事なものです。

入国しても問題ないと記された証明書と
言った所でしょうか。

日本と韓国では、
友好国であるという事から
ビザがなくても入国できる状態
になっています。

そんな中、
目に余る韓国の行動によって、
昨年末あたりから
韓国ビザを復活させようという声が
与党から出てきている様です。

仮に、韓国ビザが復活すると、
日本にはどんな影響が
出てくるのでしょうか。

韓国への免除が廃止するとどんな影響が?


韓国ビザ免除の制度を廃止すると
日本にはどんな影響が
出てくるのでしょうか。

法務省が発表している
2017年の国別の入国者数では
やはり、
アジアからの入国者が多く、
その中でも韓国は群を抜いています。

国籍 ・ 地域 総数
総数 27,428,782
アジア 23,277,547
韓国 7,405,519
中国 5,761,064
台湾 4,351,147
中国〔香港〕 2,125,925
参考:法務省

また、
韓国からの海外旅行者は若者が多く、
何度も日本旅行を楽しむ傾向が強い
という事です。

ですが、
数年前に話題となった「爆買い」は
韓国旅行者にはあまり縁がない様で、
日本で1人当たり使うお金は
海外旅行者の中でも
最下位の7万円台となっています。

仮に、
韓国ビザ免除廃止すると、
入国者数第一位韓国が下がり、
5800億円という韓国人観光客が
使用した金額は、かなり縮小される
という影響がでてくるのではないか
と言われています。


スポンサード・リンク

韓国ビザ復活!?免除廃止すると・・・?


前章では、
韓国ビザの免除を廃止するとどの様な影響が
でるのかについて
調査させていただきました。

日本に旅行にくる韓国人は、
日本を何度も楽しむ傾向が強く、
日本へのヘイトも少ない若者が多い
と言われています。

国際政治学者の三浦瑠麗氏は、
韓国ビザを復活し、
ビザ免除を廃止すると
日本好きな韓国人を締め出してしまい
親日である韓国人を追い出してしまう
という影響があると発言しています。

中には、韓国ビザを復活し、
ビザの免除廃止を実行すると、
その様な行いをした韓国政府
ヘイトが集まり、
韓国政府への影響として
大きなダメージと
日本の本気具合を示す事ができる
という人もいます。

韓国ビザの復活については、
免除廃止してほしい
という声が多い様です。

ビザ免除廃止すると韓国人旅行者が減り
マナーの悪い観光客が減る
という影響に期待を寄せている人が
多い様でした。


スポンサード・リンク

 

まとめ


韓国ビザについてですが、
多くの日本人の声としては、
韓国ビザを復活させてほしい
という声が大きかったです。

韓国からの観光客のマナーの悪さに
一度は辟易した人も多いと思います。

その感じの悪さが軽減されるのであれば
致し方ないのかもしれません。

HARU

<参考サイト>
FNN PRIME
News U.S.
日刊スポーツ、他


関連記事or広告





韓国の就職難の原因と日本の影響!大卒就職率が壊滅的!?

韓国人の就職先が日本企業で日本人の反応は?就職拒否の企業も!?

関連記事

  1. シャイニングマンデーとは?経産省と公明党は月曜日もゆっくり!?プ…
  2. 旧車会とはコスプレイベント?初日の出暴走の行き先と出没道路をチェ…
  3. 上級国民の無罪特権は法律か忖度か?未だ逮捕されない呆れたシステム…
  4. 韓国海軍のお笑いの実力!?自衛隊と戦力比較【最新】
  5. 韓国不買運動の原因と実際の矛盾!芸能人BTSらも参加だと!?
  6. 安田純平さんは韓国人ウマル?パスポートと放送カットのなぜ?ネット…
  7. 日韓関係悪化の原因と今後の展望!海外の反応と韓国の反応をチェック…
  8. ロヒンギャ族が日本にも定住だと!?迫害の理由とイギリスの歴史上の…

新着記事

PAGE TOP