ダイエット

筋トレでダイエットする方法【男性向け】を、分かりやすく説明します!

今回は『筋トレ』で『ダイエット』にチャレンジしようとしている男性の方に向けて

効率よくダイエットをする方法を伝えたいと思います。

 

『ダイエット』の方法にも色々な方法があります。

実は、男性と女性では『ダイエット』のやり方が全然違う、という事をご存知ですか?

まずは、その理由から見ていきましょう。


スポンサード・リンク

 

男性と女性でダイエットの方法が違う理由

 

男性と女性では、ダイエットのやり方が全く異なります。

その原因の一つは、男性と女性とのホルモンの違いにあります。

一般論では男性の方が、女性に比べて痩せやすいと言われています。

女性は、月経によって定期的にホルモンバランスが変化するので、体重管理が難しいのです。

 

さらに、他の原因として挙げられるのが、男女の脂肪のつき方の差です。

男性の場合は、『内臓脂肪型』いわゆる脂肪が内蔵の周りにたまる傾向にあり、

女性の場合は、『皮下脂肪型』いわゆる脂肪が皮膚の下につく傾向が多いと言われています。

 

男性は、お腹だけがポッコリと突き出た『メタボ体型』となり

女性は、全体的にふくよかな体型になりやすいです。

 

脂肪の落ち方から見ても、内臓脂肪の方が皮下脂肪より落ちやすいです。

こういった理由からも、男性の方が女性よりもダイエットしやすいと言われています。

 

具体的なダイエット方法について

 

世の中には、色々なダイエット方法があります。

 

食事制限だけで痩せることができる!という謳い文句のダイエット方法や、お腹周りにマシーンを巻くだけで痩せる方法など、数多くのダイエット法が存在しています。

そんな中でも私がオススメするのは、適度な食事と筋トレの組み合わせです。

週に3回程度ジムに行き、脂質や炭水化物をなるべく避けるだけでも、結果を実感出来ます。

 

ジムでどうやって身体を鍛えるか

 

せっかく勇気を出してジムに来たのは良いれけど、何からやって良いか分からない。

そんな悩みを持つ方もいらっしゃると思います。

ここでは、ジムでどうやって身体を鍛えるかを、一緒に考えていきたいと思います。

 

有酸素運動と無酸素運動の違い

 

皆さんがジムでトレーニングをしている人を思い浮かべるとき、ドレッドミルなどで走っている人の姿を想像する人も、多いでしょう。

ですが、ただ走っているだけでは、ダイエットとしてはあまり効果的ではありません。

 

筋トレでダイエットを効率よく行うためには『有酸素運動』と『無酸素運動』の違いについて、よく理解をしておく必要があります。

 

有酸素運動とは体脂肪の燃焼に適したエクササイズです。

具体的にはウォーキング、またはジムのドレッドミルやエアロバイクを使ったものです。

全身の筋肉にかかる負荷は比較的少ないですが、運動中の負担が筋肉にかかっている間は身体の中にあるエネルギー源の体脂肪を燃やしてくれます。

 

※ ドレッドミルとは、下の広告画像のこんなヤツです。

ルームランナーなんて呼ばれたりしてますね。

 

 

※ エアロバイクとは、下の広告画像のこんなヤツです。

スピンバイクや、フィットネスバイクなど、色んな呼び方をされています。

 

 

無酸素運動とは体内の筋肉を増やし、基礎代謝を高める事ができるエクササイズです。

具体的には筋トレが挙げられます。

 

筋トレでは、短時間で強い負荷がかかるので、体脂肪を減らす効果はあまり期待出来ません。

ですが、筋肉量が増え基礎代謝が高まり最終的には痩せやすく、太りにくい身体を作る事が可能となるのです。

 


スポンサード・リンク

男性向けのダイエット効率が良い筋トレ方法

 

繰り返しになりますが、男性と女性とではダイエットをする方法も全然違います。

男性の方が効率よくダイエットできる方法は、筋トレをメインにしたダイエット法です。

それはなぜでしょうか?

 

男性は『テストステロン』という男性ホルモンを、身体の中にたくさん持っています。

 

『テストステロン』には内臓脂肪を分解し、増殖を防止する効果があります。

『テストステロン』が増えると、筋肉がつきやすくなったり、男らしさが増したりと良い事が多いです。

『テストステロン」は筋トレをする事で、増加していきます。

 

以上の理由から、男性は筋トレをメインとしたダイエット方法を実践し、体内の『テストステロン』値を増やす事が効果的なダイエット法だと言えます。

 

テストステロンを増やすためのオススメ筋トレメニュー

 

筋トレのメニューの中でも、自分なりにアレンジを加える事により、効果的にテストステロンの分泌を促す事ができます。

 

 スクワット 

 

スクワットはbig3の1つで、とても有名なエクササイズです。

全身の筋肉の7割は、下半身にあると考えられています。

 

スクワットは主に脚の種目ですが、ハムストリングスや脊柱起立筋など全身を、効率よく鍛える事が可能です。

スクワットは一度に大きな筋肉に刺激が入り、テストステロンが大量に分泌されます。

 

私自身もスクワットは、とても重要な種目だと考えています。

私はスクワットをやる事で、身体のバランスがとても良くなったと感じています。

身体の体幹もしっかりと鍛える事ができ、私の中で欠かせない種目です。

皆さんもスクワットに挑戦してみてくださいね。

 

 ベンチプレス 

 

ベンチプレスは、スクワットと並んでbig3と言われている種目です。

ベンチプレスは比較的、重量を扱いやすい種目だと言われています。

重量を扱える種目は、テストステロンの発生に良い影響を及ぼします。

 

筋肉が、筋トレによってかかる負荷に反応して、体内でテストステロンが分泌されます。

またそれに伴い、筋肉が感じるストレスの大きさというのは、与えた負荷に比例します。

 

高重量を扱ったトレーニングをやると、その分、筋肉への負荷が大きくなり、それにともなったテストステロンの分泌反応も高まるのです。

 

テストステロンが減少してしまう行為

 

筋トレをするにもダイエットをするにも、良い事だらけのテストステロンですが、その量が減少してしまう事もあります。

ここでは、テストステロン値が減ってしまう可能性がある行為について、みていきます。

 

 オーバーワーク 

 

何事もそうですが、やり過ぎると逆に身体に悪影響を及ぼします。

オーバーワークに陥ってしまうと、『コルチソール』という筋肉を分解するホルモンが分泌されてしまいます。

『コルチソール』は、筋肉が分解されるだけでなく、テストステロンを低下させる原因ともなります。

 

毎日のようにトレーニングをするのではなく、1日〜2日の休息日を挟んで筋トレをやるなど、トレーニングとトレーニングの間の間隔を空けながら、筋トレを行なってみてください。

 

 睡眠不足 

 

筋トレにおいて、睡眠はとても重要な役割を果たします。

激しいトレーニングをした後に、しっかりと睡眠をとり身体を休める事で、より筋トレの効果を引き出す事が出来ます。

しかし睡眠が足りていないと、筋トレや日常生活にも悪影響を及ぼします。

睡眠不足によって『テストステロン』の分泌量が減るという研究結果も出ています。

寝る前に携帯やパソコンを触ると、睡眠が浅くなるので、なるべく避けた方が得策です。

 

 

個人的な経験からしても、睡眠をしっかり取った時と、取らなかった時では、筋肉痛の回復具合などが大きく変わってきます。

皆さんもしっかりとした睡眠をとって、筋トレの効果を最大限に発揮しましょう。

 


スポンサード・リンク

おわりに

 

今回は筋トレでダイエットをする方法を、男性の方に向けて書きました。

男性の方と女性の方ではホルモンの違いから、ダイエットのやり方が全然違います。

 

男性の場合は、筋トレを行う中で、テストステロンを少しでも多く分泌させた方が、効率的にダイエットを行う事ができます。

テストステロンが増えることは、男性にとって良い影響が多くあります。

 

私も筋トレを始めて、22kgのダイエットに成功しただけなく、自分自身に自信が持てるようになりました。

 

是非、皆さんも一度筋トレによるダイエットに、チャレンジしてみてはいかがですか?

 

参考文献

オトメン・jp
Myreyo fitoness
Smartlog


関連記事or広告





どぶろっくが一度消えた理由は江口の亀の書類送検か下ネタの災いか!?真相を調査してみた!

【風のガーデン】ドラマ全話の動画を無料視聴『中井貴一×黒木メイサ』あらすじやYOUTUBE等もチェック!

関連記事

  1. 筋トレでダイエット!効果をアップするには?方法論を分かりやすく説…
  2. 筋トレの超回復?食事やプロテインのタイミングや栄養の事を分かりや…
  3. スクワットで腹筋割れるよ!正しいやり方で効果的に!
  4. 腹筋を器具で鍛える!自宅用のおすすめ商品と使い方を紹介!
  5. 綾野剛の筋肉が亜人や武曲で絶賛!家電の筋トレマシン使ってる!?
  6. お腹の皮下脂肪の落とし方!男の健康美はサラリーマンの常識
  7. 腹筋割るなら自宅で簡単!トレーニング頻度と継続のコツや楽しみ方を…
  8. なかやまきんに君は留学で英語ペラペラに!食事メニューも大評判!ど…

新着記事

PAGE TOP