芸能

爆笑問題太田光は《面白くない》《嫌い》の意見多数!その理由を調査してみた!

スポンサード・リンク

バラエティ番組を中心に活躍している、お笑い芸人爆笑問題太田光さん

自由奔放で、ズバリ自分の意見を述べるキャラクターが定着していますが、各方面から「面白くない」「嫌い」といった声が目立っています。

今回は、そんな爆笑問題太田光さんの「面白くない」「嫌い」と言われてしまう理由を調査してみました。

 

 爆笑問題太田光は《面白くない》《嫌い》の意見多数!

 

爆笑問題の太田光さんは、ツイッターでも「面白くない」「嫌い」と投稿されてしまっています。

有名だからそのような意見もあるのでは?と思いますが、実は大御所芸能人からも「面白くない」「嫌い」に近い見解が出ているのです。

ここではそんな太田光さんについての意見についてみていきましょう。

 

 爆笑問題太田光は《面白くない》《嫌い》の意見とは?

 

太田光さんへの「面白くない」「嫌い」といった意見はツイッター上でも見受けられました。

その一部をご紹介します。

 

 

相方の田中裕二さんについては、あまり否定的なツイートはないようです。

むしろ家庭的で好感度が高いかもしれません。

 

 

視聴者にここまではっきり「嫌い」と言われてしまうとは・・・。

 

 

『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し、歯に衣着せぬ発言が話題になっているので、芸能人の不祥事に対してコメントする場面が多い太田光さん。

笑いを交えた辛辣なコメントをするキャラクターが出来上がってしまっているだけに、この様な人の不幸をネタにするばかりで「面白くない」といった意見が多くなっているようです。

 

このように、「嫌い」「面白くない」といったツイートが多数あり、視聴者からの厳しい意見が見られました。

 

 爆笑問題太田光は大御所からも嫌われている?

 

太田光さんは大御所芸能人からも、「嫌い」と思われているのではないかというエピソードがありました。

 

太田光さんが今月6日放送のTBSラジオ『JUNK 爆笑問題カーボーイ』に出演した際、2日に放送された『FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!』(フジテレビ系)出演時に、空回りして大御所たちから激怒された事を明かしていました。

 

太田光さんは、

「27時間テレビですけど、俺は楽しかったですけど、非難ごうごうでさ。

嫌んなっちゃったもう。

まさかあんなに空回りするとは思わなかった。

途中で『俺、ハムスターなのかな?』って思って。

ガラガラガラガラ回って」

と話し出したといいます。

 

太田光さんは、27時間テレビで出演予定がなかった「令和教育委員会」のコーナーに乱入。

出演者の方々は

『あれ?何しに来たんですか』みたいな感じだったそうです。

太田光さんは

「完全にアウェー」

と話すと、MCを務めていたビートたけしさんは眠そうな顔で、

「何やってんだ、お前」

と一蹴したそうです。

 

その後の「さんまのお笑い向上委員会」のコーナーでも、太田光さんがスタジオに入ると、既に明石家さんまさんが「何やってくれてんねん!」みたいな感じで怒っており、説教をされたと明かしました。

また、関根勤さんからは怖い顔で、

「太田君、あのね、いまんところね、全部間違ってる」

と注意された事も告白しました。

この事に関して明石家さんまさんからは

「関根さんがここまで言うのは滅多にないぞ」

と言われたといいます。

 

大御所の皆さんからも、直接このような指摘を受けるという事は、嫌いという意思の表れなのでしょうか。

スポンサード・リンク

 

 爆笑問題太田光は《面白くない》《嫌い》と言われる理由を調査してみた!

 

これまで見てきたように、様々な方から太田光さんは「面白くない」「嫌い」といった声がありましたが、その理由はどのような事からなのでしょうか。

ここでは実際のエピソードを交えながら、その理由について迫ってみます。

 

 爆笑問題太田光は《面白くない》と言われる理由を調査してみた!

 

太田光さんに対して、「面白くない」「嫌い」とする意見が芸能関係者から上がっていたエピソードがありましたのでご紹介します。

 

それは、今年の3月に生放送されたン『ENGEIグラドスラムLIVE』(フジテレビ系)のエンディングでの事でした。

番組内でテンションが上がり過ぎた太田光さんが、生クリームにすべって床に顔面を強打してしまったのです。

事故だとは思いますが、何とも子供のような行動・・・。

生放送だった事もあり、出演者やスタッフ一同は放心状態だったといいます。

そのまま番組が終了したのですが、本人は病院に運ばれ、翌日の生放送『サンデー・ジャポン』(TBS系)の出演を見合わせる事になってしまったそうです。

検査の結果、大事には至らなかったものの、編集がきかない生放送。

一歩間違えれば大惨事ともいえるアクシデントに、番組関係者は息を飲んだといいます。

 

関係者によると、太田光さんは大勢の芸人に囲まれるとテンションが振り切れてしまう“習性”があるのだといいます。

実際にオンエアされないような内輪ネタが多く、大して面白くない“悪ノリ”も多いのだとか。

昔から仲のいい芸人からすると『またいつもの悪ノリが始まったよ』という感じですが、スタッフや視聴者からすると迷惑でしかないといいます。

たしかに、内輪ネタはその場では盛り上がる事もあるかもしれませんが、視聴者には伝わりませんもんね。

編集でカットするしかないでしょうね・・・。

 

また、調子が上がってくると嬉々としてギャグを連発し、話を止めないという事も。

収録が長時間に及んでしまう事もあるので、これが嫌で出演を断る人気芸人や、途中で別の収録現場へ行かざるを得なくなる芸人もいるのだそうです。

 

その破天荒な行動から、「面白くない」という意見が出ている事は止むを得ないのかもしれません。

 

 爆笑問題太田光は《嫌い》と言われる理由を調査してみた!

 

太田光さんは、ダウンタウンの松本人志さんと20年来の確執があるといいます。

当時、爆笑問題は情報雑誌にコラムを連載していたのですが、そこで“芸人が流行りの服を着ているのはダサい”と、雑誌にトレーニングウェア姿で登場していた松本人志さんを批判したというのです。

さらに「アディダスの広告塔みたいなもの。あの無神経さは信じられない」と毒付きました。

一部週刊誌によると、この雑誌を目にした松本人志さんは大激怒し「すぐに2人を呼べ」とスタッフに命令したそうです。

そして爆笑問題の2人は、松本人志さんの仕事場に駆けつけ、土下座をしたという事なんです。

事件の真偽は不明ですが、この記事内容の衝撃からか、太田光さんと松本人志さんの不仲説は瞬く間に世間へ広まりました。

そして芸能界においても、2人は共演NGが当たり前という状況になっていきました。

 

周囲の人からの証言によると、太田光さんは、“昔ながらの芸人さん”への憧れが強く、“破天荒こそ芸人”だと思っている人だそうです。

しかし、昨今の芸能界ではコンプライアンスが重視されており、どうしてもその破天荒さは奇行に映り、「嫌い」に繋がってしまうのです。

番組内で軽快なトークを繰り広げて笑いを取る吉本芸人に対して太田光さんが、決して認めたくはない、憧れにも似た感情を持っているのだというのです。

本当は噛みつきたいだけでなく、同時にじゃれ合いたいのではないかと周囲は推測します。

じゃれ合い方がわからないから、いつも騒動になって奇行だと思われてしまうのだとか。

 

視聴者から「嫌い」と言われてしまうのは人気者がゆえの部分はありますが、このような経緯から、スタッフや共演者からもそう思われてしまっているようです。

周囲とのコミュニケーションの取り方が独特なのでしょうね。

スポンサード・リンク

 

 まとめ

 

爆笑問題太田光さんは、視聴者からだけでなく、スタッフや共演者からも「面白くない」「嫌い」と言われてしまっている事が分かりました。

有名になれば必ずしもアンチが出てくるものですが、スタッフや共演者からこれほどまでにそのような意見が出てくる事は稀なのではないでしょうか。

実際のエピソードを見てみても、子供っぽい自由奔放な太田光さんに呆れてしまっているようにも感じます。

たしかに、年齢的にももう少し落ち着いていてもいいのかもしれませんね。

今後もこのまま独自のスタイルを貫いていくのでしょうか。

注目してきたいと思います。

 

参考サイト

Business Jonrnal

excite ニュース

サンスポ

関連記事or広告

清野とおるの素顔写真!障害で引退したの?壇蜜の旦那は謎だらけ!?

イモトアヤコと石崎ディレクターの手紙の内容がステキ!交際0日逆プロポーズの全容とは?

関連記事

  1. タイタニックの真実!オリンピック号で替玉保険金詐欺って本当なのか…
  2. 吉田鋼太郎の結婚歴!嫁は岸和田出身の銀座ママで喧嘩上等!?
  3. 武藤嘉紀の嫁と子供と結婚生活!年俸も凄いイケメン筋肉マン!?
  4. 石井一成【キックボクシング】おネエボクサーと対戦!ムエタイとの違…
  5. 男闘呼組メンバーの現在と解散理由!岡本健一の息子もジャニーズで活…
  6. 野茂英雄の息子の現在と嫁!次男は東大で長男は通訳!?
  7. ISSAの歴代彼女!極秘結婚の相手は美容サロン美人オーナー!?
  8. 梅沢富美男の子供時代と両親!女形は若い頃も現在も美しい!

新着記事

PAGE TOP